2017年8月11日 (金)

ミサイル迎撃は集団的自衛権行使か      ~ゆうてもええかな~

 北朝鮮とトランプ大統領のののしり合いがヒートアップしている。引っ込みがつかないもの同士の口げんかになっていて、誰も仲裁に入れない。口だけでなく、実際にICBMを北朝鮮がぶっ放しているから、トランプ大統領の怒りは収まらない。米国ではない。大統領の怒りである。
 結局、北朝鮮はグアムあたりにミサイルを飛ばすぞ、と言うところまでエスカレートしている。この事態を受けて小野寺防衛相は、10日の衆院安全保障委員会で、北朝鮮がグアムに向けてミサイルを発射した場合、安全保障関連法に基づき集団的自衛権を行使して迎撃することが可能との見解を示した。
 日本の上空を通るから、落ちてきたときに備えましょう、というのとは違い、グアムに向けて飛んでいても迎撃の可能性を示した。本当にできるか、見てみる。
 集団的自衛権の行使には、三つの用件を満たすことが必要と規定されている。一つは存立危機事態。密接な関係にある他国が攻撃され、日本の存立が脅かされ、国民の生命、自由、幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態、と規定されている。二つ目は、国民を守るため他に適当な手段がないこと。三つ目は、必要最小限の実力行使にとどまること。
 グアムあたりにミサイル4発が飛ぶ。これ、存立危機事態だろうか。小野寺防衛相は、安全保障にとって、米軍の抑止力、打撃力の欠如は日本の存立危機に当たる可能性がないとはいえない、とした。その理屈でいえば、在韓米軍など、東アジア、東南アジアに展開する米軍の拠点だとうなのだろう。ちと対象を拡大していないか。
 もともと、グレーゾーンが指摘されつつ成立させた安全保障関連法だ。その場の判断に任されてる部分が大きいから、今回のケースをベースに、存立危機事態を具体的に考えたらどうだ。今回のことでも可と解釈できるようグレーゾーンを残したのかもしれないが。
 
                           (仲)
 
                            戻る

2017年8月 5日 (土)

景気は良くても懐淋し      ~ゆうてもええかな~

 厚生労働省が4日、6月の毎月勤労統計調査の速報値を発表した。実質賃金が前縁同月に比べて0.8%減で、3ヶ月ぶりのマイナスになった。実質賃金は、現金給与総額の伸びから物価変動の影響を差し引いた数値だから、マイナスになるのは、賃金が減ったか、物価が上がったか、その両方、のどれかになる。
 厚労省の分析では、手取り賃金のうち、夏のボーナス減額の影響としている。基本給は下がっていないぞということらしいが、懐に残る賃金が減っているのに変わりない。
 世間では景気がいいらしい。最新の4-6月期GDP予想では、年率換算で2.6%増加の見込みだという。内訳は、輸出は電子機器部品が一段落して鈍化の傾向で、国内の消費は、設備投資と家電が押し上げている。家電は、夏がきちんと暑いと夏物家電の買替え需要があるから、季節変動を多分に含んでいる。問題は、設備投資だ。
 生産設備でも、省力化や無人化の設備の伸びが大きい。中小企業や地方では人手不足が深刻で、求人をかけても埋まらない。人手が少ない分を設備で埋めよう、無人化、自動化の設備を導入しようという動きで、機器の導入が進んでいる。
 機器の導入できない介護の分野での人手不足は深刻で、辞めた職員の穴を埋められずに倒産するケースが増えている。高賃金で募集をかけることができたとしても、人が集まらないようだ。オリンピックを含む都心再開発需要、公共投資や災害復興需要があって、潤う分野とそうでない分野の格差が開いている。好景気の恩恵を受ける人とそうでない人に分けられ、その手にする賃金の平均が下がっている。これは生活者の実感と合致すると思う。
 働き方改革で自民党と連合がもめてるが、儲けている大企業じゃなくて。好景気でも値下げ要求を受ける下請け孫請け、福祉など人手が必要な分野の懐は、淋しい。
 
                           (仲)
 
                            戻る

2017年7月29日 (土)

北朝鮮ICBM再発射の愚      ~ゆうてもええかな~

 27日深夜、北朝鮮は内陸部からミサイルを発射し、北海道奥尻島北西の沖100km付近の日本の排他的経済水域内に着水した模様だ。北朝鮮は翌28日、大陸間弾道ミサイルICBMの2回目の発射実験に成功したと大々的に報じた。
 またか、という気もするが、日本領海に近く、船が行き来するかもしれない公海上に実験用ミサイルを撃ち込むあたり、日本は眼中に無いようだ。NHKの定点カメラが、同時刻に日本海に光を発する物体が落下する様子が記録されており、ニュースでも報じられた。
 北朝鮮が何をしたいのかは知らない。アメリカ本土まで届く核弾頭搭載可能なミサイルを開発している、というなら、あまりにも正直すぎて、ひねりが無い。技術を売るための開発とか、他の、例えば核開発に注目されないためのカモフラージュとか、裏を読もうとすれば無いことは無いが、それにしても頻度と技術の進捗のテンポが速い。金正恩体制維持のため、アメリカに向けて立て続けに仕掛けなければならない事情もあるかもしれない。
 ICBM、ミサイル、核実験を繰り返すたび、中国は表向きの立場として距離を置かなければならない。裏で北朝鮮という国を維持する画策はあるだろうが、在韓米軍と韓国軍の共闘、増強を招くのは、中国は困る。韓国防衛相は消極的だった迎撃ミサイルシステムTHAADの本格運用を明言した。朝鮮半島近辺の米軍増強は、ロシアにも不快だろう。
 日本は蚊帳の外。北朝鮮にとって、資金調達が細る今、日本に向き合うと拉致問題がある。経済支援の見込みが無いなら、アメリカとの交渉が優先なのだろう。
 アメリカ、中国、韓国、その他関係国と、個別に交渉する外交ができないのか。今のは瀬戸際外交では無く、着地点が見えずに突っ込んでいる危うさがある。何か一つ、例えば国境線での暴発とか、ミサイルが船か飛行機に当たってしまう事故を起こしたら、アメリカは容赦しない。きっと。
 
                              (仲)
 
                               戻る

2017年7月22日 (土)

福島第一原発廃炉の道険し      ~ゆうてもええかな~

 東京電力は21日から、福島第一原発3号機の原子炉内部のロボットによる調査を行った。原子炉格納容器で画像を撮影した結果、もともと核燃料が納められていた圧力容器の底から、高熱で熔け出した核燃料が容器と混ざり合った状態で垂れ下がっている様子や、落下した構造物にこびりついている様子が確認された。東京電力は、これは核燃料が溶融したデブリの可能性が高いとし、デブリそのものを画像で確認したのは初めてと発表した。
 1月の福島第一原発2号機のロボットによる調査で、デブリの痕跡は見つけていたが、確認に至らなかった。2号機は核燃料の一部が圧力容器にとどまっているとみられていて、実際に今回の映像で、2号機より3号機の方が破損状況が激しいことが明らかになった。
 デブリ、すなわち核燃料が溶融したものかどうかを確認するには、そこから出る放射線を測れば分かる。でも、今はできない。内部の放射線量が高すぎて測定できない。人が入れるレベルではないし、遠隔操作しかないが、電子機器を積んだロボットも、短時間しか活動できない。半導体チップが高い放射線で壊れるからだ。だから今年に入って、のぞき見程度の画像確認を、各原子炉で順番に進めている状況だ。
 核燃料デブリを片付けないと、廃炉できない。まだ、存在を確認しただけで、どこに、どれくらいデブリがあるか把握しないと、除去作業に移れない。東電と国は、来年工法を決めて2021年には取り出しに着手する計画だが、具体的な手順は未知の領域だ。そもそも、原子炉格納容器は密閉空間では無い。冷却水は建屋地下に漏れ出している。水は放射線を遮蔽する効果があり、冷却水が無くなったら、原子炉内部の放射線量が上がり、作業が難しくなる。
 放射性物質が拡散しないように、慎重に、記録を取りながら進めてほしい。世界で初めて、圧力容器外の核燃料除去例になるのだから。情報公開は重要ですぞ。
 
                            (仲)
 
                             戻る

2017年7月15日 (土)

閉会中審査の効果      ~ゆうてもええかな~

 安倍首相は13日、加計学園問題を巡る国会での閉会中審議に応じ、自ら出席して説明する意向を自民党国対委員長に伝えた。与野党で日程を調整する。
 今まで必要ないとの姿勢だったが、一転して首相出席を決めたのは、支持率が下がっているからに他ならない。第二次安倍政権はアベノミクスを背景に高い支持率を維持してきたが、ここへ来て、一部報道では支持率30%を割り込むほど急落していて、首相周辺が危機感を抱いている現れとみることができる。
 加計学園問題について、閉会中審査での集中審議を国会でやったからといって、疑惑が解明するとは思えない。設定した時間で、野党が政府の関与があったと主張し、政府は否定することを繰り返して終わるだけだろう。
 首相サイドの予定は、9月とみられる臨時国会で憲法改正論議をねじ込むために、今までのダメージを払拭したい。そこで8月、内閣改造と党役員人事で態勢を固め、1ヶ月の準備期間をとって臨時国会に臨む。それまでに支持率対策で、加計学園問題の説明する姿を見せよう。そういう意図が透けて見える。
 支持率低下の直接原因は、加計学園問題だけでなく、共謀罪での強行採決、二回生議員の失態など、自民党に緩みが出たところに、都議選で小池新党が反自民票を引き受けて大勝したことで、自民一強の印象が一変したところにある。それ以前、トランプ大統領当選のあたりから、保護主義台頭による日本経済の先行き不安がわき上がり、アベノミクスで支持を維持してきた安倍政権の基盤が盤石ともいえない状況があった。
 閉会中審査に応じてダメージを払拭したい安倍政権だが、効果のほどは期待薄。逆に野党が安倍政権を追求できる材料があるという情報も無く、こちらの効果も期待薄、かな。
 
                            (仲)
 
                             戻る

2017年7月 8日 (土)

九州豪雨災害      ~ゆうてもええかな~

 5日から福岡と大分の広い範囲で、記録的な大雨が降り、死者16名、安否確認が取れていない方もまだおられ、交通が寸断されて孤立した地域も未だにある。8日の時点で梅雨前線が西日本の上空にあり、そこに南海上からの湿った空気が入り込みやすくなっていて、9日にかけて九州から西日本の広い範囲で大雨への警戒が必要な状態だ。
 4日、台風3号が長崎に上陸し、足早に東へ駆け抜けた。その影響があるかどうか分からないが、その後、福岡からと有明海の二方向から湿った風が吹いて合流し、上昇気流となって積乱雲を発達させた。悪いことに、湿った空気が止まらず、積乱雲が同じ場所で発生し続けたため、大雨の範囲が移動せず、東へと線状に雨雲がかかり続けた。
 地形的に特別な条件があったわけではなく、梅雨前線の位置、太平洋高気圧の縁を回って南海上の湿った空気が入り込んでくるからその風向き、海面の水温といった条件が重なれば、どこで記録的な豪雨が降ってもおかしくない。
 中国南部でも記録的な大雨で災害が起きているようなので、当面は天気予報をこまめに確認し、雨が降るときは大雨に警戒するしかない。
 今回の九州地区の豪雨災害では、崖崩れなど土砂災害で孤立したケース、大雨で濁流に足を取られて流されたケースが目立つ。平地でも、河川の氾濫で洪水被害が起こる可能性がある。
 ゲリラ豪雨という呼び方が定着して久しい。ごく狭い範囲でも、平地でも、条件がそろってしまえば豪雨災害が起こりえる。
 地震、台風、豪雨。自然災害が、想定の規模を超える、あるいは予想していなかった場所で発生し甚大な被害につながるケースを多々見てきた。今回の豪雨被害の地域は、昨年の熊本地震の被災地と重なるところがある。陳腐だが、日頃の備えは充分か、見直すしかないのではないか。
 
                           (仲)
 
                            戻る
 
 

2017年7月 1日 (土)

自民逆風の都議選      ~ゆうてもええかな~

 明日2日は、東京都議会議員選挙の投開票日。小池知事就任後初であり、小池知事率いる地域政党が選挙に臨む。そして、安倍首相再登板以降順調だった自民党が、久々に逆風の中で戦う大型選挙となった。
 争点は、築地市場移転問題を始め、小池知事の施政に対する選挙民の判断が中心だったはずだが、報道で聞こえてくるのは、森友学園問題に続いて、加計学園問題。その処理でもたもたしているところへ、稲田防衛大臣の応援演説での発言である。
 都議選候補の応援演説で、防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたいという内容の発言をした。自民党としてお願いするのはかまわないが、防衛省や自衛隊を持ち出してはいけない。自衛隊の駐屯地近くの選挙区だから地域との関係を、という意図があったとされるが、武器を持つ国家の組織は政治的に中立でなければならない。もちろん、自衛隊員が国民の権利として選挙で投票することは保証される。でも、自衛隊は自衛隊法で投票以外の政治的行為を制限されている。30日の記者会見で発言を撤回したが、投票日は間近である。
 この夏に、安倍首相は内閣改造を考えているという。秋に招集される臨時国会へ向けて、加計学園問題を引きずらないように、人気回復を見込める大物の入閣を目指しているようだ。具体的には橋下徹氏や小泉進次郎議員の名が上がっている一方、更迭の可能性がある閣僚も取りざたされている。明日投開票の都議選での結果次第では、安倍政権に追い打ちのダメージを与え、支持率低下を招く事態になれば、改造内閣人事に当然、影響が出てくる。1千万人を超える有権者の判断が示される。都議選、地方議会選挙だと切り捨てられない。
 自民への逆風は、報道を見る限り、弱まる気配はない。せめて景気が良けりゃ強いのだろうが、経済の先行きは読めない。政権基盤のヒビが見えるようだ。
 
                            (仲)
 
                             戻る 
 

2017年6月24日 (土)

半導体事業の前途      ~ゆうてもええかな~

 東芝は21日、子会社化した東芝メモリの売却について、日米韓連合と優先的な交渉に入ることを発表した。経済産業省が主導している連合で、日本が約67%の議決権を持つ。工場共同運営企業であるアメリカのウェスティン・デジタルの反発と、各国の独占禁止法にあたる競争法審査があるため、まだ決定できず、来年3月の期限までの売却を決めたい東芝は交渉を急ぎたい考えだ。東芝は昨年度債務超過で8月に東証二部降格が決まっており、今年度も債務超過が続くと、上場廃止になる。
 東芝メモリの売却先がすんなり決まらないのは、半導体事業が重要なコンテンツになっているからだ。今、半導体関連の産業は上昇傾向にある。
 理由は簡単で、半導体を使うメモリなどの部品の使い道が広がっているからだ。例えば、自動車。自動運転の技術が進んで、自動停止装置や自動駐車機能を組み込んだ自動車が市販されている。センサーで感知し、ブレーキやハンドル、駆動系にデータを送って作動させる。データの演算に半導体チップは不可欠だ。
 この、データ処理のところでインターネットにつなぐ技術が、IoT(Internet of Things)。センサーで感知したデータをインターネットのサーバで処理して、表示や機器作動をさせる。これすべてIoTの範疇に入る。家電の遠隔操作や自宅の見守り、交通機関の遅れ表示、ハウス栽培の環境調整。医療機器を自宅、あるいは身体に装着して健康状態を監視、危険を予防するといった技術など、用途開発が幅広く、半導体製造やその製造機器、クリーンルームなどの設備投資が伸びている。
 半導体事業は、需要がある。だから東芝メモリに買い手がつく。売らなきゃ上場廃止に追い込まれた東芝は、売却先を決めても、売却できるかまだ分からない。難しい舵取りが続く。
 
                             (仲)
 
                              戻る

2017年6月17日 (土)

共謀罪採決の焦り      ~ゆうてもええかな~

 報道で言う共謀罪、テロ等準備罪を新設する組織犯罪処罰法改正案が15日朝、参院本会議で可決、成立した。衆院で可決、参院に送られて、法務委員会で委員会審議が始まったのが5月29日。14日には、委員会での採決を省略して直接本会議で採決する方針を自民公明両党が野党に示した。参院法務委員会での審議は、2週間とちょっと。審議時間にして18時間くらいである。
 委員会での採決省略は、国会法に規定がある。衆院参院が、委員会審議中の法案について、委員長もしくは理事に本会議で中間報告をさせることができる。その後、委員会採決までの期限を設けて付託するか、あるいは中間報告について本会議で審議し採決する。
 この規定の意図は、急を要する法案を委員長が採決を先延ばしした場合、本会議で審議することを想定しているようだ、与党の法案に反対する野党の委員長が採決をしなかった場合がそれに当たる。
 また、過去、臓器移植法案の審議で、脳死を人の死と認定するかどうかの審議となったとき、各党は党議拘束をかけず、各議員の判断に任せた。その場合、少数の委員会審議ではなく本会議で議員全員審議となった。このときは与野党合意の上での中間報告手続きだった。
 今回の組織犯罪処罰法改正案審議は、時間的にも内容的にも、急を要する法案ではないし、審議に影響がある引き延ばしがあったとも思えない。会期末が18日。成立を図るなら会期を延長して審議するのがスジだ。延長せずに法案を成立させるため委員会採決を省略したとしか見えない。延長させない理由は、加計学園問題の幕引きと、23日告示の東京都議選への影響を考えてのことだろう。勘ぐれば、加計学園問題が、調査が進むと政権に深刻なダメージ与えると政権が認識しているとも取れる。
 政権の焦りか。国会審議を手続きで処理できるとの考えか。あまりに強引ではないだろうか。
 
                           (仲)
 
                            戻る

2017年6月10日 (土)

加計学園問題は解決できない      ~ゆうてもええかな~

 非生産的な攻防を延々続けているだけのような気がする。
 加計学園が運営する岡山理科大学の獣医学部を今治市に新設する計画があり、これを地域限定で規制緩和する国家戦略特区の事業者として内閣府が今年1月に認めた。学部設置などの認可は文部科学省の管轄で、現在審査中。獣医師に関わることは農林水産省の管轄であるが、ここでは詳述しない。
 獣医学部の新設は、文科省の認可基準では、ここ50年ほど認められていない。今治市は2015年12月、獣医師系国際教育拠点の整備特区の指定され、事業者募集にあたり、岡山理科大すなわち加計学園のみが応募したため、内閣府が計画を認めたが、文科省は学部新設を審査中。文科省がかたくななのか、内閣府が横車を押したのか。野党は認可までの過程、決定までの早さ、加計学園理事長と安倍首相との個人的つながりに目をつけ、特区指定に首相側の意向が働いて加計学園に便宜を図ったのではないか、と追求している。
 その証拠探しで、文科省へ首相官邸からの圧力があったかどうかを示す書類『加計文書』探しの与野党攻防があって、文科省の再調査が9日始まった。
 冒頭、非生産的と言った。首相の意向を示す文書が出てきたとして、それが安倍首相の便宜供与の証拠となるか。知らぬ存ぜぬで引き延ばして、幕引き。文科省の職員が証拠をリークしたとして、加計文書が明らかになるだけで、加計学園の問題は解決しない。獣医学部新設が宙ぶらりんのままである。
 規制緩和が目的なら、特区地域が妥当か、文科省の認可基準が妥当か、そもそも獣医師の育成強化が必要か、そこを検証すべし。文書にこだわれば、学部新設の文科省判断はいつまでも出ないまま放置。横道に逸れずに、実務的な議論をしようよ。どうせなら。
 
                         (仲)
 
                          戻る

より以前の記事一覧