« 感染症危機管理庁      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 夏休みの行動は      ~ゆうてもええかな~ »

2022年6月25日 (土)

侵攻長期化      ~ゆうてもええかな~

 ロシアのウクライナ侵攻は、未だ収束の気配がないまま、激しい戦闘が続いている。
 ウクライナ東部ルハンスク州のハイダイ知事は24日、ロシア軍と激戦になっているセベロドネツク市の防衛隊が市内から撤収することを明らかにした。ウクライナ国営通信によると、国防省は24日夕方、同市に隣接するリシチャンスク市一帯もロシア軍が包囲しようとしているとした。
 ロシア国防省は24日、リシチャンスク市の南方にロシア側部隊が到達、市を封鎖したと発表した。両者の発言が同内容で、セベロドネツクが事実上陥落し、隣接するリシチャンスクに激しい戦闘の中心が移りつつあるのは確かなようだ。
 ロシア側が押しているように見えるが、実態は分からない。ロシアとウクライナはすでに消耗戦になっていて、両者とも大きな損害を出している。ウクライナ側は欧米から供与された武器の配備が遅れ、反転攻勢に出られすにいる。物量でウクライナ軍を上回るロシア軍は、東部の都市を順次攻略する戦術に転換しているようで、全体で見れば局面が変わらず膠着した状態で、戦闘が続いている。
 欧米は経済制裁でロシア経済が後退し、プーチン政権が弱体化することを狙っているが、ロシアとて大国で、エネルギー、食料、資源を抱えているため、効果が表れるまで時間がかかる。それこそ年単位の経過が必要で、そこまでウクライナが持つかどうか。
 欧米諸国で、支援疲れが見られるとの報道もある。欧米諸国とて食糧やエネルギーの高騰でインフレが進み、経済へのダメージが顕在化しつつある。欧米諸国の足並みが乱れ、支援が滞ることが、ロシア側の狙いである。攻略の対象を絞って順次攻略する間に、欧米諸国のうちで武器供与を続けられなくなる国が出てくることを期待している。
 クーデターなどの突発的な事件でもない限り、ウクライナとロシアの我慢比べが続く。どちらも停戦したいのが本音だだろうが、落としどころを見いなせないでいる。
 
                            (仲)
 

« 感染症危機管理庁      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 夏休みの行動は      ~ゆうてもええかな~ »