« NATO拡大へ      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 参院選間近      ~ゆうてもええかな~ »

2022年5月28日 (土)

訪日観光客受け入れへ      ~ゆうてもええかな~

 岸田文雄首相は26日、東京都内で開かれた国際会議の中で、6月10日から訪日外国人観光客の受け入れを再開する方針を表明した。当面は添乗員同行のパッケージツアーに限定する。
 これに先立ち、観光庁が24日から、訪日ツアーの実証事業を始めた。新型コロナの感染防止対策などを検証するためで、アメリカ、オーストラリア、タイ、シンガポールの4か国からの観光客で、ワクチンを3回接種済みの人に限定して行われている。海外からの観光客は少人数のツアーで、6月にかけて合わせておよそ50人程度で行われる。
 この実証事業で、何を確認するのか、公表はされていないが、ツアーを実施する旅行会社の手順確認と、受け入れの空港、自治体での感染対策が守れるかどうかの確認だろう。少人数パッケージでも感染リスクはあるし、バブル方式でもない限り、外国人観光客にも感染させる可能性もある。首相は27日の衆院予算委員会で、日本のマスク着用ルールを徹底させ、それが破られた場合は、国土交通省がしっかりと指導するとし、パッケージツアーの添乗員を通じて国内のマスク着用の徹底を求める考えを示した。その他の感染対策、咳エチケットや手洗い消毒など、周知することは多そうである。
 日本の観光業の状況を鑑みるに、国内旅行ではコロナ以前の需要にはとうてい達しない。経済を回す上での施策として打ち出したのだろう。国内と世界の感染状況を見て、ワクチン接種やPCR検査との組み合わせで感染防押し対策を考えた上で、経済を動かします、という意思表示と考えていい。その目的は、7月に実施見込みの参議院議員選挙での指示集めが大きいのではないか。GoToトラベルキャンペーン再開の目途が立たず、ダメージを受けた観光業界に向けたの施策を、経済対策の一つとして進めたい思惑が見える。
 受け入れ再開を実施するなら、リスク管理もお願いしたい。感染者数が増加に転じた場合、あるいは新規の変異株が確認された場合など、感染拡大の兆候が見えたときの策を考えて欲しい。
 
                             (仲)
 

« NATO拡大へ      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 参院選間近      ~ゆうてもええかな~ »