« ロシア侵攻激化      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 長引く侵攻      ~ゆうてもええかな~ »

2022年4月30日 (土)

連休明けの新規感染者数は      ~ゆうてもええかな~

 29日からゴールデンウィークに入った。今年のカレンダーは、祝日土日の三連休と、一日挟んで三連休、一日挟んで土日という並びになっている。比較的まとまった休みを取りやすいこと、新型コロナウィルス感染症関係の緊急事態宣言やまん延防止等重点処置の指定も無いことなどから、去年と比べると人出が多く、イベントの開催予定も増えている。
 新規感染者は、全国では鈍いながらも減少傾向が続いている。特に大都市圏がじわじわと減っているようだが、九州など大都市から離れた地域での新規感染者数の増加傾向が見られ、全体的に下げ止まり感が拭えない。
 そんな状況でゴールデンウィークに突入した。交通機関の状況は、目立った混雑はないようだが、昨年に比べると数十パーセント増しで、人流は増えている。各地イベントは、開催を見送ったところもあれば、無観客、あるいは感染対策を施した上で開催に踏み切ったところも多い。関係各所感染対策には充分配慮しているわけで、その対策でゴールデンウィークの人流でもなお感染拡大を抑えることができるか、試されているように思う。
 世界的に見ても行動制限の緩和にむかう地域が多くなてちる。そんななか、状況や実態はずいぶん違うが、現在、上海で新型コロナ感染拡大が収まらず、1ヶ月にわたる都市封鎖が続いている。これはどう見ればいいだろうか。北京での冬季オリンピック・パラリンピックが終わるまで、ゼロコロナ政策で徹底的に封じ込めを強化していた中国だが、大都市上海で市中感染が確認されて以来感染者数が増加し。現状でも一日で1万人近い新規感染者数がでている。都市封鎖で物流が停止しており、企業の操業に支障が出るなど、経済への影響が出始めている。オミクロン株の感染力の強さを示しているのだろう。
 オミクロン変異株の新たな亜種が報告されていて、ゴールデンウィークの人流で感染拡大するというのが、想定される悪いパターン。ここはどうにかして抑え込みたいところだ。
 
                          (仲)
 

« ロシア侵攻激化      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 長引く侵攻      ~ゆうてもええかな~ »