« 輸出優遇対象韓国除外の後に      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 文政権協定破棄後に注目する人達      ~ゆうてもええかな~ »

2019年8月17日 (土)

お盆休みの台風10号      ~ゆうてもええかな~

 日本がお盆休みに入っている最中、台風10号がやってきて影響を与えた。これを書いている時点ではまだ日本海を北東へ進んでおり、18日に入って温帯低気圧に変わる見込みだ。
 大きな土砂災害や洪水の発生は今のところ無いようだ。明日は主に北海道で荒れた天気になると気象台は注意を促している。それと同時に、東日本や西日本では高温の情報を出している。これも台風の影響だ。
 大型で勢力が強い台風で、しかも速度が遅くて強風域に入ってから抜けるまでが長時間にわたったが、主な影響は高波と高温だったように思う。高波は当然で、強風の塊が南海上に居続けたのだから、太平洋岸ではうねりを伴い、また大潮の時期と重なって、水難事故が相次いだ。
 台風が接近した14日から、新潟県を中心とした日本海側でフェーン現象が起こり、最高気温が40℃を超える、あるいはそれに近い異常な高温となった。南風が強いとフェーン現象による気温上昇が起こる地域だが、今回は台風が持ち込んだ南海上の熱気が山を越えたため、観測史上まれに見る高温になった。
 15日に広島県に上陸し、この日は朝から新幹線や在来線の計画運休に入るなど、帰省の足に乱れが出たが、計画運休の情報が早かったからか、大規模な混乱は起こらなかった。その分、16日以降の混雑が激しいようだが。
 これだけの規模の台風だが、日本付近に温帯低気圧や前線がなかったため、雨での甚大な被害が起こらなかった。梅雨前線や秋雨前線がある時期だと、台風本体の前に雨が降り始め、何日も続く。降り始めからの総雨量は、地域によってはそちらの方が多くなるケースが増えている。
 18日には、台風10号は温帯低気圧に変わるとみられている。予想天気図では、前線が延びていて、その後ろには大陸からの寒気がある。19日頃に雨の予報になっている地域は、この寒気の影響によるもの。台風が連れてきた熱気を、いったん冷ましてくれるようだ。

                            (仲)

« 輸出優遇対象韓国除外の後に      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 文政権協定破棄後に注目する人達      ~ゆうてもええかな~ »