« 文政権協定破棄後に注目する人達      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 内閣改造は大幅に      ~ゆうてもええかな~ »

2019年8月31日 (土)

9月のプラスとマイナス      ~ゆうてもええかな~

 8月も今日で終わり。九州の水害の状況が気になるが、これから台風シーズンを迎え、気象情報は注目しなければならない。
 9月の景気動向は、消費税増税の駆け込み需要で上昇するとみられている。消費税の軽減税率は、何度説明を見ても聞いても、よく分からないところがあって、混乱すること間違いなし。軽減税率対応のレジが一部間に合っていないという話も漏れ伝わってきていて、消費者側の理解が進んでいなければ、駆け込み需要にも反映されにくい可能性はある。ただ、9月は上半期決算の月でもあるから、家電業界や自動車業界、小売店でもセールを打ち出すことだろう。カレンダーを見ると、敬老の日、秋分の日と、2週連続で3連休になる。旅行に出かけるには短いが、近場のお出かけや買い物には頃合いだろう。
 家電の売れ筋には、やはり天気が影響する。残暑厳しい9月なら、夏物の家電が続いて売れるだろうし、天候不順で雨が多いと、まだ冬物の前倒し購入には早いから、売れ行きが鈍るかも知れない。パソコンで、ウィンドウズ7からの切り替え需要を期待しているはずだが、スマホでかなりの機能がカバーできるから、どこまで掘り起こしができるか。
 不安要素はある。米中貿易戦争で中国経済が落ち込んでいるため、輸出の動向が厳しい。さらに韓国経済が、中国経済のあおりを受けて下降したところで、日韓関係悪化で韓国からの訪日客が減少傾向にある。西日本各地で航空会社や観光に影響が広がっている。
 天候不順の影響で、農作物の価格は安定しているとは言えない。夏野菜は一時期価格は下がったが、秋物の生育に日照不足がどう響くか。スーパーで見ても、7月頃に比べて若干上がっている用に感じる。
 10月には、消費増税による景気減速を織り込まねばならず、製造業は9月期決算をできるだけ引き上げておきたいところ。9月は、新聞の折り込みチラシが増えるのだろうな。

                            (仲)

« 文政権協定破棄後に注目する人達      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 内閣改造は大幅に      ~ゆうてもええかな~ »