« 対韓国輸出対応は規制か管理強化か      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ガソリン放火の脅威      ~ゆうてもええかな~ »

2019年7月13日 (土)

無事帰って来いはやぶさ2      ~ゆうてもええかな~

 宇宙航空研究開発機構JAXAは11日午前、探査機はやぶさ2が小惑星りゅうぐうの表面に2回目の着陸を果たし、世界初となる地下の岩石破片の採取にも成功したとみられると発表した。2月に1回目の着陸に成功して表面の岩石採取しており、今度は人工クレーターを作り、地下岩石が露わになったところに着陸し、岩石片を採取できたと見られる。
 現在、はやぶさ2はりゅうぐうの上空20キロメートルの位置に戻って観測を続けており、機器類は正常に動いている。順調にいけば11月から12月にりゅうぐうを離れ、地球に戻る軌道に入る予定で、来年末、地球の上空に到達して採取したサンプルが入ったカプセルをオーストラリアに投下させたいとしている。
 初代はやぶさはトラブルに見舞われ、奇跡的に地球に戻ってきた。その後継機のはやぶさ2は、機器装置本体に影響を与えるトラブルがなく、無事に計算したとおりのミッションをこなしていて、現時点でも地球の管制下で活動している。綿密な計算とシミュレーションの技術が向上しているとはいえ、ミッションを着々とこなすこと自体が奇跡的である。
 ここまでくれば、本来のミッションである、サンプルを地球に持ち帰るところまで完遂して欲しい。採取したサンプルは、計画通りだと、地球上の生命がどうやって生まれたのかを探る手がかりになると考えられている。
 地球上には、生物がいる。生物が生まれるためには、水と有機物が必要だ。それがどうやってできたのかを解明するため、はやぶさ2は、太陽系ができた初期の状態を保っているりゅうぐうからサンプルを持ち帰って分析することを主要なミッションとしている。鉱物と水と有機物がどのような状態で原始太陽系で存在していたか、分かるかも知れない。
 なにはともあれ、サンプルを持ち帰るところまでがミッションである。幸い機体に異常は見られないから、そのまま無事帰ってくれば、他の天体の観測に使うことも可能だ。無事に帰ってこい。

                            (仲)

« 対韓国輸出対応は規制か管理強化か      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ガソリン放火の脅威      ~ゆうてもええかな~ »