« 無事帰って来いはやぶさ2      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 輸出優遇対象韓国除外の後に      ~ゆうてもええかな~ »

2019年7月20日 (土)

ガソリン放火の脅威      ~ゆうてもええかな~

 18日、京都市伏見区のアニメ制作会社 京都アニメーションのスタジオが放火され、爆発炎上した事件が発生し、死者34人の惨事となった。3階建ての建物は全焼し、鎮火まで20時間かかったという。
 放火したとみられる容疑者も重度のやけどを負い、現場から100mほどのところで倒れ込み、警察に確保された。この時点では言葉を発していたが、現在は重体とのこと。犯行の動機は定かではないが、何らかの恨みの感情があったようだ。一方的な恨みの感情との報道もある。
 犯行は、事前に準備されていて、衝動的な犯行ではあり得ない。容疑者はガソリンスタンドで、20リットル入り携行缶2缶分のガソリンを購入し、手押し台車で運んで現場に向かった。携行缶のガソリンをバケツに移し替えて、建物の玄関から侵入してガソリンを撒き、柄付きのライターで火をつけた。ガソリンは気化が早く、ガソリンを撒いてから火をつけるまでの時間で、建物全体にガソリンの気体が充満していたとみられる。着火で爆発的な燃焼が起こり、窓が割れたことで酸素が供給され、一気に炎が上がった。犠牲者は、焼死より、一酸化炭素中毒で亡くなられた方が多かった。容疑者は炎に巻かれた。
 ガソリンは危険物ではあるが、携行缶の場合60リットルまでであれば、身分証の提示などの手続きなく販売できる。農業用機械や自家発電機などの用途での販売が日常的に行われているためだ。過去にガソリンでの放火が起こるたび規制強化の声が上がるが、実現していない。
 建物の消防設備に不備はなかったか。これから現場検証に入るのだろうが、事務所として使用している場合、ガソリンのような危険物が充満して爆発するほどの火災を想定した規制になっていない。初期消火と避難経路の確保はされていると思うが、30リットルのガソリンが気化した状態と考えれば、避難する時間は無かったろう。
 では、どうすれば再発が防げるか。今まで答えが出てなくて、今回も簡単には出ないと思う。

                             (仲)

 

 ※来週の更新をお休みします。再来週再開予定です。

 

« 無事帰って来いはやぶさ2      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 輸出優遇対象韓国除外の後に      ~ゆうてもええかな~ »