« 年金問題化した金融審議会報告書      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | さあ、参院選へ      ~ゆうてもええかな~ »

2019年6月22日 (土)

G20サミット前の中朝会談      ~ゆうてもええかな~

 28・29日の二日間にわたって、大阪でG20サミットが開かれる。主要20カ国と招待国の首脳、国際機関が一堂に会して、主に経済的課題について話し合う。2008年から毎年行われ、日本で開催されるのは初めてである。
 今回のサミットは、全体会合ではとりまとめが難しい情勢となっている。貿易面で保護主義による貿易摩擦が取り上げられるのだろうが、各国の思惑があって、強いメッセージを出せるか危惧されている。
 ただ、全体より、米中首脳会談の方が注目を集めそうだ。通商摩擦の米中間の関税報復からファーウェイ規制へと重心が移り、先端技術の主導権争いと化している。中断していた通商協議を再開させた上での会談で、また、南シナ海での海洋進出、直近では香港での大規模デモと、対立点があり、会談でどういった合意ができるのか。
 中国の習近平国家主席は20日、北朝鮮を訪問し、首脳会談に臨んだ。習主席にとっては初めての訪朝で、G20サミットで訪日する前の週に、一泊二日で出向いた。突然決まった感じが否めなくて、このタイミングで訪朝する意図は、おそらく、トランプ大統領に対して北朝鮮の非核化問題というカードを切ったのではないか。
 トランプ大統領は、北朝鮮との非核化交渉を進めたい意向を持っているとみられている。一方、北朝鮮の金正恩委員長は、経済制裁解除が欲しい。でも一気に核を廃棄する考えはなくて、段階的に、施設の廃棄などの進捗に応じて、少しでもいいから制裁を解除して欲しい。そこで、習主席が北朝鮮に乗り込んだ。中朝の関係を見せることは、トランプ大統領に対しての交渉カードになり得る。米朝がうまくいかないなら、中国側に取り込むこともありうる。
 米中ともに、大国だけに交渉カードはまだあるだろうが、全面対決は両者ともダメージが大きい。G20首脳外交で最も重要な会談になりそうだ。

                            (仲)

 

« 年金問題化した金融審議会報告書      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | さあ、参院選へ      ~ゆうてもええかな~ »