« 米の対中関税引き上げの行方      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | トランプ大統領が来た      ~ゆうてもええかな~ »

2019年5月18日 (土)

廃プラスチックの焼却要請      ~ゆうてもええかな~

 環境省は16日、家庭ごみの処理を担う市区町村に対し、企業などから出る産業廃棄物のプラスチックごみも受け入れるよう求める検討に入った。近々要請を行う。
 廃プラスチックは、家庭から出す場合、資源ゴミとしてリサイクルする目的で分別収集されているケースが多い。事業所から出す産業廃棄物でも、資源としてリサイクルすることを推奨されているが、実際は国内でリサイクルして利用する割合は1割程度で、2割程度が資源として海外に輸出。一番多いのは圧縮成形して発電所や製鉄所で燃料として使う用途で、サーマルリサイクルとかエネルギーリカバリーと言われる。これが、5割程度か。残りは焼却か埋め立て。
 海外向けの輸出は、あくまでゴミではなく、資源として有用な物を選別して輸出する。ただ、2017年末に中国が全面輸入禁止として、輸出できなくなった分の処理が溜まって問題化していた。また、今月、有害物を含む廃棄物の国境を越えた移動を規制するバーゼル条約の締結国会議があり、汚れたプラスチックごみを新たに規制対象に加える改正案を採択した。汚れたプラスチックごみとは、飲み残しや食べ残しなど汚れを洗浄せず付着したままのプラスチック、選別されず他のゴミが混じったものなど。これらは再利用することが難しく、2021年の発効後、輸出する場合は輸入国の同意が義務づけられる。実質的に輸出は困難になるとみられ、国内で処理することが前提となってくる。
 リサイクル施設やシステム、技術がまだ整っていない現状で、環境省は自治体に、企業の廃プラスチックの受け入れをお願いしたいとしている。ただ、受け入れ側の自治体は、分別収集で余力が生じているゴミ処理施設に追加の処分をすることになり、周辺住民の反対も予想され、自治体毎に対応が分かれる可能性がある。
 ストローやレジ袋などプラスチック製品を使わないようにしようとする環境保護の意識が高まる中、過渡期にある現状での要請だが、自治体が応じるかどうか、難しい判断になる。

                              (仲)

 

« 米の対中関税引き上げの行方      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | トランプ大統領が来た      ~ゆうてもええかな~ »