« はやぶさ2が見せた可能性      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 景気動向指数判断引き下げはブレか実態か      ~ゆうてもええかな~ »

2019年3月 2日 (土)

米朝会談で泣いた国笑った国

 27、28日の2日間ハノイで行われた米朝首脳会談で、両首脳は合意せず、昼食会と合意文書署名を取りやめた。トランプ大統領は2時間前倒しで記者会見し、早々に帰国した。
 注目を集めた首脳会談で、何を話したのか、詳細はもちろん出てこないが、その後の報道を見ると、金正恩委員長が非核化について提案をし、見返りに経済制裁の何らかの解除を求めた、それはアメリカにとって容認できず、合意に至らなかったようだ。
 北朝鮮、金正恩委員長のダメージが大きいと見る。非核化提案内容は、報道では寧辺の廃棄可能な施設にとどめ、他の核施設を出さず。そして経済制裁の一部または全部の解除を求めたところ、経済制裁が解除せず、国連決議も現状維持。金正恩委員長が直接交渉したのにトランプ大統領を動かせず実質ゼロ回答だったために、国内権力基盤の弱体化を回避する算段が必要になってくる。
 トランプ大統領は、ロシア疑惑の追及を受け、外交での得点稼ぎを狙っていたが、完全非核化ではない提案で妥協することはできず、最少失点に抑えた形だ。北朝鮮が武力による瀬戸際外交に戻る可能性があるなら、締め付けを強めるだろうが、2回の会談で米朝関係を改善する流れを断ち切る冒険はしないと読んだ。だから制裁維持で時間をかけ、非核化の譲歩を引き出す方を選んだ。
 関係国でダメージが大きかったのは韓国だろうか。文在寅政権は、南北融和を掲げて開城工業団地再開など南北の交流事業で政権浮揚を図っていたが、制裁継続で全く動けなくなってしまった。交流策を考えても、非核化進まぬ北朝鮮への制裁緩和はアメリカが許さず、国連決議違反となれば、韓国も孤立する。
 中国は織り込み済みだろう。自国の経済政策の方が優先度が高い。
 日本は。トランプ大統領が安易な妥協をせず、良くも悪くも現状維持。拉致問題の進展が無く、でも北朝鮮が頼ってくるとは思えない。日本海の警備が今まで以上に重要になるかも。
 各国の出方は、これから明らかになる。3回目の米朝会談は、朝鮮半島非核化が宿題になる。
                             (仲)
                              戻る

« はやぶさ2が見せた可能性      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 景気動向指数判断引き下げはブレか実態か      ~ゆうてもええかな~ »