« トランプ政権2月のハードル      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | GDP速報値が示す景気弱含み      ~ゆうてもええかな~ »

2019年2月 9日 (土)

豚コレラ拡大の影響はどこまで      ~ゆうてもええかな~

 昨年、岐阜の養豚場で豚コレラを発症した豚が確認され、殺処分など封じ込めを行ってきたが、今月に入り、愛知県でも感染が確認され、そのうち豊田市の養豚場から子豚を出荷した5府県の養豚場で、豚コレラ陽性となり、殺処分が進行している。
 豚コレラは、豚、イノシシに感染する伝染病で、感染力が強く致死率が高い。過去にヒトへの感染報告はなく、市場に出回っている豚肉を食べても害はないとされている。
 ヒトには感染しないが、畜産農家には打撃が大きい。治療法がなく、家畜伝染病予防法の中で家畜伝染病に指定されている。感染が確認された豚生産農家の豚は全頭殺処分、近傍の生産農家にも移動制限などが指定され、消毒含む防疫措置が済むまで出荷できない。豚生産農家にとっては大きな痛手になる。
 国単位では、豚や豚肉、豚肉加工製品、皮の輸出が一時停止され、相手国の受け入れ確認ができた範囲から輸出再開している。扱いが一律でないのは、2007年に国際機関の規定で豚コレラ清浄国とされており、相手国によって豚コレラ感染リスクへの対応が異なるため、全面受け入れ停止のケース、感染確認の5府県以外の生産品のみ受け入れるケース、全面的に受け入れるケースがある。いずれにしても、豚肉、ハム、ベーコンなどの加工品含め、輸出量が制限される。
 今回の場合、元々の岐阜県愛知県で発生した感染源が分かっていない。豚とイノシシしか感染せず、感染経路は糞尿や体液が主。野生のイノシシの感染が確認されているが、媒介と考えるには範囲が広い。愛知県が立ち入り検査して防疫面で合格とした養豚場で1ヶ月後に感染が確認されたため、防疫体制の根本的な見直しが進められている。
 現状でも影響が拡大しているが、感染源が特定されていない以上、さらなる拡大がないか、全国で総点検に動いている。生産農家、加工業者にまで影響が及ぶため、どの時点で終息と言えるのか分からないが、少なくとも1、2ヶ月は続報に注目したい
                            (仲)
                            戻る

« トランプ政権2月のハードル      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | GDP速報値が示す景気弱含み      ~ゆうてもええかな~ »