« GDP速報値が示す景気弱含み      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 米朝会談で泣いた国笑った国 »

2019年2月23日 (土)

はやぶさ2が見せた可能性      ~ゆうてもええかな~

 宇宙航空研究開発機構JAXAは22日、探査機はやぶさ2が、地球から3.4億キロ離れた小惑星りゅうぐうに着陸したと発表した。金属弾の発射を確認し、予定ではこの際に舞い上がった表面の岩石や砂が回収装置に格納し、カプセルで地球に持ち帰ることになっている。
 着陸までには、緻密な準備と計画があった。当初、昨年10月の着陸を予定していたが、小惑星りゅうぐうの地表を調査した結果、想定していた平地が無く、岩で覆われていたため、10月の着陸を断念した。着陸目標地点を定め、周囲の地表データを収集して三次元の地形図を作成し、直径6メートルの平地をターゲットとして、着陸計画を作成した。
 通信に往復40分かかる距離にあるので、リアルタイムでの地球からの遠隔操作はできない。高度45mまで誘導し、事前に設定した位置からは、はやぶさ2自身が自律的に地形を判断して姿勢を制御する方式とした。推進エンジンは12基、それぞれのばらつきを考慮して、噴射のタイミングなどのプログラムを設定し、着陸に臨んだ。着陸時間は数秒、再度上昇して、次のミッションに移る。技術を結集し、精度を高めた故の成果である。
 目的は、小惑星の岩石のサンプルを持ち帰ること。地球は、太陽系形成時に岩石などが集まって固まったため、高温になったとされている。小惑星は温度変化が小さいため、太陽系が形成された当初の状態を保っているとみられ、太陽系の成り立ち、さらには水や炭素の存在の有無を調べる。生物の起源が小惑星などの彗星由来との仮説があり、サンプル次第ではその検証できるかもしれない。もちろん、ピンポイントで着地してサンプルを持ち帰る技術は、宇宙探査技術として広く応用できる。月の無人探査も、将来的には視野に入っている。
 地球に生命があふれているのは、月や火星などと比べて、明らかに特殊な実態だが、精密に調査してみれば、生命の根源、あるいは生物を構成する材料が地球以外にも存在しているかも知れない。サンプルを持ち帰って分析することの意義は、非常に大きい。
                          (仲)
                           戻る

« GDP速報値が示す景気弱含み      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 米朝会談で泣いた国笑った国 »