« 日韓関係漂流中      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | トランプ政権2月のハードル      ~ゆうてもええかな~ »

2019年1月26日 (土)

あおり運転が止まない      ~ゆうてもええかな~

 堺市で昨年7月、大型バイクに対して執拗にあおった末に車で追突し、バイクの男性を死亡させたとして殺人罪に問われた被告に対する裁判員裁判の判決が25日、大阪地裁堺支部であった。裁判長は殺人罪を適用し、懲役16年を言い渡した。この件について考えてみたい。
 悪質なあおり運転の実態が昨今明らかになっており、事故、死者まで出すに至っている。ドライブレコーダーの普及、監視カメラの画像情報、スマートフォンなどの動画撮影といった、映像が記録できる機器の拡充で、あおり運転の状況が明確になったことが大きい。数年前までは人身事故として扱われていたであろう案件も、業務上過失致死罪、あるいは経緯から危険運転致死罪が適用され、厳罰化の傾向が見られる。
 今回の件は、裁判員裁判であり、検察が殺人罪に問い懲役18年を求刑した。殺人罪を適用するには、被告、即ち乗用車の運転手に殺意があったかどうかが争われる。事前に計画した殺人ならともかく、走行中の追い抜きや割り込みに対して、その場で殺意を持って追跡してあおったかどうかの判定は、被害者のドライブレコーダーなどから立証することは非常に難しい。本件は被告のドライブレコーダーに記録されていた被告の声が、殺意認定の決め手となったようだ。裁判員だからあおりの状況を加味して殺意を認定したが、裁判官であれば、殺意認定、あるいは死んでしまってもかまわないと考える未必の故意による追突と認定できるか、意見が分かれるところのようだ。
 あおり運転による事故は、証拠となる記録が整わないと、厳罰に問えない。あおり運転という行為を脅迫や強要、傷害罪などの罪に問う法整備と判例が整わなければ、このような危険な運転は減らないだろう。あおり運転は昔からあったが、最近の事例は悪質だと思う。あおるだけで飽き足らず、狙って襲うところにまで至るケースが目に付く。今まで立証できなかっただけなのか、運転する側の気質が変わったのか。さて、あおり運転をされたときの自衛策は。ドライブレコーダーも動画撮影大事だけど、何かあったときの証拠でしかないから、予防策ではないな。今のところは。
                             (仲)
                              戻る

« 日韓関係漂流中      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | トランプ政権2月のハードル      ~ゆうてもええかな~ »