« キログラムの定義が変わるとはいえ      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 元徴用工判決で課題を背負ったのは      ~ゆうてもええかな~ »

2018年11月24日 (土)

大阪万博で何を見せる      ~ゆうてもええかな~

 日本時間で24日未明、博覧会国際事務局の総会で、2025年の国際博覧会を大阪で開催することが決まった。加盟170国の代表による2回の投票で、日本がロシアとアゼルバイジャンを抑えた。大阪での万博は1970年以来55年ぶり、日本開催の万博は2005年の愛知万博以来20年ぶりとなる。
 誘致活動をした方々は喜び、1970年の万博での盛況ぶりを思い起こして、夢を再び実現すると歓迎ムードに包まれている。2020年の東京五輪以降の景気落ち込みを危惧する経済界にとっては、さらに5年の投資目標ができたことは救いだろう。
 せっかくの大イベントなので、水を差すつもりはさらさら無いが、前回の夢を見ている間は成功しないと思う。高度経済成長時代の万博は、技術の進歩を見せるだけで日本中がわいた。高いレベルの経済成長が見込めない今、何を見せれば世界中の期待が集まるのだろう。
 博覧会国際事務局は、今後の万博に問題解決型の万博を提唱している。技術開発や経済成長で生じた環境問題や貧困の問題など、多くの課題を解決へと導く技術の提示を求められている。大阪の万博誘致プレゼンテーションでも、いのち輝く未来社会のデザインをテーマに掲げ、持続可能な開発目標を後押しし、技術を持ち寄る実験場と位置づけている。
 大阪湾の人工島を会場として、世界から技術を持ち寄る。そこには大規模開発や巨大なシンボルタワーは不要。会場そのものが開発目標を持って、跡地が利用できる姿を見せることが重要だろう。一時のお祭り騒ぎにしてしまったら、問題解決型万博の開催国として恥ずかしい姿をさらけ出すことになる。
 あと、7年しかない。国によって抱える課題は異なるし、何を見せるか、コンセプトを明確にして課題の解決技術を集める。訪日客を集めるには、技術のアピールの仕方が重要になる。
 万博を開催すれば人が来る。そんな時代ではないし、来ても一時しのぎでしかないのだから。
                              (仲)
                               戻る

« キログラムの定義が変わるとはいえ      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 元徴用工判決で課題を背負ったのは      ~ゆうてもええかな~ »