« 中間選挙でトランプ氏は勝ったのか      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 大阪万博で何を見せる      ~ゆうてもええかな~ »

2018年11月17日 (土)

キログラムの定義が変わるとはいえ      ~ゆうてもええかな~

 16日、フランスで開かれた国際度量衡総会で、キログラム、アンペア、モル、ケルビンの四つの単位の定義を改定する案が可決された。新しい定義は来年5月から導入される。
 重さ、長さ、電流、時間など、生活するために測る場合、使う人が納得すればそれで通用する。日本で尺貫法を使っていたように、それぞれの地域で必要で検証しやすい方法を使うのが便利である。ただ、地域によって単位が違うと、換算が必要で不便だ。メートルをフィートに換算したり、キログラムをポンドにしたり。
 それでは技術や学問の世界では困るというので、国際単位を統一している。質量はキログラム、長さはメートル。1960年に国際度量衡総会で決められた。SI単位という。
 フランスでは130年ほど前に、キログラムの定義を決めている。白金イリジウム合金製の国際キログラム原器の質量を1キログラムとし、原器はフランスで厳重管理し、厳密に同じ重さの複製を各国に配って管理していた。ところが最近、国際キログラム原器が経年でマイクログラムのレベルで重量が変わっていることが分かり、改定案が提示された。
 改定案では、プランク定数を基に定めるとし、これが今回採用されて新しい定義になった。プランク定数は量子力学のエネルギーの単位と結びつく定数である。なぜ質量の単位にエネルギー関係の定数が使われるかは、質量はエネルギーに換算できるとする量子力学の世界の話で、説明できる知識が無いので省くが、ポイントは、地球上で設備があれば測定できることである。
 とはいえ、普段の生活には何ら影響は無い。店で買う肉の重さが0.1グラム違っていても困らない。その重さを量る天秤を校正する機器とか、測定技術とか測定機器の規格を決める人たちがきっちり把握していなければならない、そのレベルでの影響でしかない。
 ただ、130年でここまで精密に測る技術が必要になった、その技術の変化が激しいと感じる。21世紀の常識は、22世紀では役に立たないかも知れない。生活には影響ないだろうけど。
                             (仲)
                              戻る

« 中間選挙でトランプ氏は勝ったのか      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 大阪万博で何を見せる      ~ゆうてもええかな~ »