« 免震機器検査改ざん、業界の代償      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 外国人就労拡大を5ヶ月で      ~ゆうてもええかな~ »

2018年10月27日 (土)

日中関係改善の幻影      ~ゆうてもええかな~

 安倍首相が25日から中国を公式訪問し、李克強首相、習近平主席と相次いで会談した。日中関係改善を両国とも内外にアピールした形だが、成果はあったのだろうか。
 安倍首相は、第二次内閣発足から6年近く経過し、アベノミクスで景気回復を図ったものの成長戦略が進展せず息切れ状態で、長期政権を担った首相としての実績が欲しいところ。冷え切った日中関係改善を進めたいし、懸案が解決したいところだ。ただ、外交面での立場は微妙で、米中貿易戦争のさなか、日中関係が親密になれば、トランプ大統領の攻撃の的になろう。かといって、米中対立が長引いて中国経済が悪化すると、日本経済のダメージも大きい。
 習近平主席側は、米中貿易戦争で妥協できない。しばらくは高関税でアメリカ向けの輸出が厳しい状況が続く。物が売れないから工場を止めると経済成長が停滞する。だから売り先を探したい。日本と協力することで、日本への輸出もさることながら、日本の技術、海外進出のノウハウを使ってアジアに販路を広げたい。『一帯一路』構想で他国に資金を貸し付けてインフラ整備を進めているが、貸付金の返済ができない場合に中国の管理下に置くことを求めたり、中国の覇権を広げる目的だとの批判が出ている。日本が協力するとなれば、批判をかわせる。ただ、中国が日本に求める協力は、資金援助と技術の提供。構想自体に口を出させるつもりは無いはず。
 だから今回の首脳会談では、経済、ビジネスの案件しか進展していない。東シナ海支配、南シナ海海洋進出の問題、歴史問題など、経済以外の懸案はまったく進んでいない。いや、中国は歩み寄りたくない案件だろう。
 米中関係が冷え込んだ状態で中国の経済政策維持のための日中首脳会談だから、日中関係の改善は一時の幻に過ぎないかもしれない。経済問題だけに、中東情勢に伴う原油高、世界経済停滞のリスクが顕在化した時点でころっと変わってしまう。安倍首相の舵取りが難しい局面で、当面はアメリカ中間選挙後の情勢を見ながら調整することになるだろう。
                            (仲)
                             戻る

« 免震機器検査改ざん、業界の代償      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 外国人就労拡大を5ヶ月で      ~ゆうてもええかな~ »