« 地震台風、天災が次々に      ~ゆうてもええかな~ | トップページ

2018年9月15日 (土)

自民党総裁選は討論より結果に注目      ~ゆうてもええかな~

 自民党総裁選が7日告示され、20日投開票で次期3年の党首が決まる。自民党党首これ即ち日本の総理大臣になる人を選ぶ選挙だが、当然、党員および党所属の議員にしか選挙権は無い。
 念のため確認しておくが、政党の党首を選ぶ選挙だから、公職選挙法の適用を受けない。党の規定に従って選挙が行われる。公平公正な選挙にするには、政党自身の自制、自律が必要になる。
 まあ、裏で工作していたとしても、党員でも無い外部には出てこない話だから、表に見える話だけにする。7日告示だが、北海道での大地震対応のため、総理大臣である現総裁は災害対応のため、10日から3日間、論戦を自粛した。総理大臣はロシアでの極東経済フォーラムに参加、14日にようやく直接討論となった。
 繰り返して言うが、総裁選は党が決めた通りに行う。だから、災害対応があったから投開票を次週に延期することもできる。そうしなかったのは、その必要が無かったからだろう。もともと、現職総理大臣が総裁なら、安定した基盤を切り崩す挑戦者の方が難しい。常にマスコミに露出して仕事ぶりを見せているのだから、そこで失態があって政権維持が厳しい状態になれば、総裁選を待たずに辞任した方が、党内での影響力が少しは良かろう。総裁選に臨む時点で、勝算があるから立候補している。
 あとは、投票結果である。現総裁の信任投票であり、反対票が対立候補に投じられる。総裁選後の対立候補の処遇、影響力を封じるか取り込むかの選択になる。圧勝なら、間違いなく報復人事になるが、接戦になると、党内の分裂を回避して基盤固めをしなければならない。即ち、総裁選に勝ったけど総裁の思い通りに政権運営がしづらくなる。
 今のところは実績で安倍総裁が押し切ろうとしているが、問題は地方票。現総裁で、森友加計問題などで地方選挙が苦しいと感じているなら、地方票は石破候補に流れる。手出しできない我々は、動向を見物するとしよう。
                              (仲)
                               戻る

« 地震台風、天災が次々に      ~ゆうてもええかな~ | トップページ