« TPP11法案と米国保護主義      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 参院定数6増の審判は次の選挙で      ~ゆうてもええかな~ »

2018年7月 7日 (土)

日本各地で記録的大雨続く      ~ゆうてもええかな~

 今週降り続いている記録的大雨によって、広い範囲で被害の速報が入っている。
 1日、台風7号が沖縄に接近したあと北上し、九州の西側を通過して、3日対馬海峡から進路を北西に変え、日本海で温帯低気圧になった。この台風による風雨で、九州北部に大雨を降らせた。
 さらに低気圧は4日、北海道付近の梅雨前線を活発化させて大雨となった後、5日以降は梅雨前線が活動を活発化させたまま本州付近に南下して停滞し、南からの暖かい湿った空気の供給を受け続けて、九州北部から中国、近畿北部に記録的な大雨を降らせ続けた。
 6日に気象庁は大雨特別警報を発表した。長崎県、佐賀県、福岡県に続いて、広島県、岡山県、鳥取県に発表。さらに兵庫県、京都府にも発表され、一時8府県同時に特別警報が発表される状況となった。大雨特別警報は、今まで経験したことがないような大雨により土砂崩れや河川の氾濫が起こる可能性が高い場合に発表される。その大雨が九州から近畿にかけての広い範囲で降り続けるのは、過去に例がない。
 7日、長崎県、佐賀県、福岡県の特別警報が解除された後、岐阜県に発表されてる。各地に土砂災害注意情報、竜巻注意情報などが発表され、大雨は明日8日まで降り続く予報になっている。
 最近は、台風に夜風水害もさることながら、梅雨前線や秋雨前線が活発になった結果起きた集中豪雨が起こっている。昨年の九州北部豪雨、あるいはそれ以前の豪雨で、同じ場所に暖かく湿った空気が入り続け、2日あるいは3日、集中豪雨が降り続けて大きな被害をもたらすケースが多々見受けられる。今年の大雨は、梅雨前線沿いに広い範囲で2日以上大雨が降り続いた。人的被害、救助を待つ方々、家屋や道路鉄道の被害、田畑など農作物の被害などを合わせると、被害の全容はまだ見えない。
 梅雨前線の活動は活発で、まだ雨は降り続いている。今後の被害、二次災害を防ぐ行動を取らねばならない。まだ、警戒を解いてはいけない。
                             (仲)
                              戻る

« TPP11法案と米国保護主義      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 参院定数6増の審判は次の選挙で      ~ゆうてもええかな~ »