« 安倍政権を世界経済が揺さぶる      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 東京医科大の不正は経営問題      ~ゆうてもええかな~ »

2018年7月28日 (土)

東京五輪でサマータイムって      ~ゆうてもええかな~

 梅雨明け以降、高気圧の位置の影響で、最高気温35℃を超える猛暑日が続き、40℃を超える地点も見かけ、報道では命に関わる暑さで熱中症対策を万全にするよう呼びかけている。台風12号の風雨で、29日はいったん猛暑日解消になるようだが、台風が去った後、また猛暑に戻る予報になっている。
 この時期、高校総体がすでに始まっており、高校野球の都道府県大会が終盤になっている。夏休み時期に各種スポーツの大会が行われているが、熱中症で搬送される事例が聞こえてくる。日程を簡単に変えることができず、主催者側も頭が痛いところだろう。
 この酷暑、来年も同様になるのか分からない。逆に冷夏だったり、梅雨明けがずれ込んだりするかも知れない。再来年のオリンピック時期の予報など、まだ誰もできない。ただ、今年の状況を見て、これはヤバいと考えて、組織委員会が策を出し始めた。マラソンを7時、競歩を6時スタートに前倒しするのも策の一つだ。
 で。27日、組織委員会の森会長が政府に、2020年にサマータイム導入を申し入れた。これはどうだろう。仮に1時間早めるサマータイムを実施したとして、1日の最高気温が午後3時頃になる。午後決勝の競技はつらかろう。その時間帯を休憩に充てるとしたら、コンディション調整や、準備等の運営側も観客も、負担が大きい。何より、東京だけサマータイムになるわけじゃない。熟慮した上の策とは思えない。
 ただ、決められた枠内で選手の体調を優先に考えることは続けるべき。そもそも、IOCが7月8月に実施しろと決めていることで、気温が高い都市での開催が難しくなっている。テレビ放映権の都合で秋開催はダメだと、IOCは正直に言っている。だから選手が、気温や開始時間などの条件に合わせて調整するしかない。スタッフはそれをサポートする。組織委員会は、選手と運営スタッフが困らないようにスケジュールを考えてもらいたい。
                               (仲)
                                戻る

« 安倍政権を世界経済が揺さぶる      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 東京医科大の不正は経営問題      ~ゆうてもええかな~ »