« 日大アメフト部問題での危機管理      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 契約社員と定年再雇用は低賃金でいいか      ~ゆうてもええかな~ »

2018年5月26日 (土)

米朝首脳会談中止か実施かの駆け引き      ~ゆうてもええかな~

 アメリカ政府は24日、トランプ大統領が北朝鮮金正恩委員長に書簡で、6月12日に予定されていた米朝首脳会談の中止を通告した。それに対し、北朝鮮側は金桂寛第1外務次官の談話を発表し、遺憾の意を表明した。反発や威嚇ではなく、首脳会談を望む内容だったからか、トランプ大統領は翌日、北朝鮮側との接触していることを明らかにした上で、6月12日開催の可能性を残していることを明らかにした。
 北朝鮮は24日、豊渓里核実験場の坑道と施設の爆破を公開した。非核化への手順を踏んでいることを公表した形だが、おそらくトランプ政権側の中止判断には影響していないだろう。豊渓里の実験場は閉じても、既に核は存在しているし、過去の開発プロセスも残っている。アメリカまで飛ばす大陸間弾道弾の技術開発が進めば、核の脅威を維持することになる。
 もともと準備期間が足りず、実務的な合意は無理と言われていた。今の状態だと、トランプ大統領と金委員長がにっこり笑って握手する写真をばらまくだけの会談になりそうだ。それでも他哀話のプロセスに入ったことになるから、北朝鮮に対する制裁圧力を維持することは難しい。
 金委員長は、米朝首脳会談が決まってから2回中国を訪れ、首脳と会談をしている。中国が関与しないところで米朝直接対話が進むのは、中国には許せない。北朝鮮は中国の影響下においておかなければならない。北朝鮮を挟んで、米韓両国と対峙する状態を維持して、北朝鮮に米韓の支援が入ることを排除したい。でなければ、国境線で直に米韓と接することになる。
 北朝鮮側の駆け引きには、中国の入れ知恵や支援の約束があると見るべきだ。その中国は、貿易面でも南シナ海の軍事面でも、アメリカと緊張関係にある。中国は己が子分を操れるよう動いていて当然だろう。
 トランプ政権にとって分が悪く、北朝鮮に制裁緩和の口実を与えるであろう米朝首脳会談だが、行われれば大きな功績になるから、両者ともやりたい。さて、米朝このあとどう出るか。
 
                               (仲)
 
                                戻る

« 日大アメフト部問題での危機管理      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 契約社員と定年再雇用は低賃金でいいか      ~ゆうてもええかな~ »