« ふるさと納税返礼品に困る自治体      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | シリア攻撃、トランプ政権の選択      ~ゆうてもええかな~ »

2018年4月 7日 (土)

イラク日報隠蔽は文民統制の問題か      ~ゆうてもええかな~

 防衛省が存在しないとしてきた陸上自衛隊のイラク派遣の際の活動報告、即ち日報が見つかった問題で、小野寺防衛相は6日、内部調査の結果、航空自衛隊の航空幕僚監部でも見つかったと発表した。イラク派遣日報が他にもないか、航空自衛隊の継続調査と海上自衛隊の再調査を指示した。
 陸上自衛隊の日報は、昨年の南スーダンPKO日報隠蔽問題の再発防止策として、海外派遣に関する定時報告書類を統合幕僚幹部の参事官に集約する作業のなかで発見された。昨年3月に把握していながら、防衛相はじめ幹部に報告されていなかった。存在を明らかにしたのが4月2日。その後、1年前に把握していたことが分かり、さらに6日、野党議員の請求で航空自衛隊の日報を探索し発見と、立て続けに明らかになった。野党は文民統制、シビリアンコントロールの危機として問題視し、小野寺防衛相も重大な問題として危機感を募らせている。
 まず、森友文書と比較してみよう。森友学園への国有地売却の決裁文書。国会に提出した文書は、国会審議での内容に沿うよう改ざんされたと見られる。陸上自衛隊日報。昨年、調査して国会答弁で無いと報告した直後に確認された。今回の航空自衛隊の日報は、保存すべき電子ファイルフォルダ以外のフォルダから発見された。
 共通して言えることは、財務局も自衛隊も、公的記録管理がずさんである。保管方法を守らず、閲覧不能で書き換え可能。公的記録管理の意識が低いから、調査結果を報告するしないも現場判断でできてしまう。記録管理が明確であれば、保管場所は明白なはずだ。
 同じく共通項。国会答弁に合わせて、書き換え、隠蔽をしている。原本の記録があったと報告できない役所体質の問題である。文民統制以前の、内部統制、組織管理の問題である。国会で言っちゃったことに合わせよう、そういうレベルの問題と思えてならない。
 次に水平展開。他の案件でも国会審議で誤った資料を元にした政府側の答弁は無かったか。あまりに膨大だが、野党で分担して資料請求したら、どんな結果になるのかねえ。
 
                           (仲)
 
                            戻る

« ふるさと納税返礼品に困る自治体      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | シリア攻撃、トランプ政権の選択      ~ゆうてもええかな~ »