« 安倍政権八方ふさがり      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 世界自然遺産登録の難しさ      ~ゆうてもええかな~ »

2018年4月28日 (土)

南北首脳会談は北の思惑通り      ~ゆうてもええかな~

 韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は27日、南北の軍事境界線をまたぐ板門店で11年ぶりの首脳会談を行った。朝鮮半島の非核化、年内の朝鮮戦争終結を目標とすることを盛り込んだ板門店宣言に署名した。
 韓国側、というより文大統領側は、北朝鮮との対話を実現し、対話での北朝鮮問題解決を実行したことが、成果となるだろうが、この時点で評価できるか判断するのは早い。北朝鮮首脳を軍事境界線の南側に引き出した事実はあるけど、名を挙げただけで、成果物はまだ得ていない。
 北朝鮮側からすれば、終始自分の思惑通りに運んで、期待通りの結果だったろう。今のところ北朝鮮は、肝心なところは譲っていない。朝鮮半島の非核化を盛り込んだのは、核で韓国を保護するアメリカを追い出せということだし、非核化の交渉は米朝首脳会談でしか結果が出ない。
 朝鮮終戦に関する内容は、それ自体歓迎だが、南北で思惑が若干違うように思う。文大統領側は南北融和、対話での解決が理想だが、北朝鮮側は、金態勢独裁維持が絶対条件になるはずで、背後にはロシアと中国が付いているから、融和ムードまでで、制裁解除を引き出すことが目的だろうと思う。南北交流は、北朝鮮内で市民革命の動きにならないレベルでなければ許容できないはずだ。
 非核化も終戦も、具体的なことは米朝首脳会議に場を移して協議することになる。ここでどういう交渉になるのか、見当が付かない。北朝鮮が制裁解除のためにトランプ大統領にどのような提案を示すことができるのか、それにトランプ側が乗ってくるのか、予断を許さない。北の実験凍結だけでは弱い。核廃棄は、今までも、南北首脳会談でも触れていない。金体制維持の保証がなければ、核廃棄のカードは切らない。アメリカは非核化でどこまで踏み込めるだろう。シリア攻撃実行直後だけに、弱腰に映る交渉はしないだろう。交渉成立に足る成果を求めるはずだ。
 南北首脳会談の結果は、米朝の交渉次第で、ちゃぶ台返しできる程度までしか踏み込んでいないところに、北朝鮮側の意図が透けるようだ。
 
                              (仲)
 
                              戻る

« 安倍政権八方ふさがり      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 世界自然遺産登録の難しさ      ~ゆうてもええかな~ »