« 裁量制拡大撤回と森友のダメージ      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 森友問題に見る行政の文書管理      ~ゆうてもええかな~ »

2018年3月10日 (土)

米朝首脳会談までの複雑な取引      ~ゆうてもええかな~

 韓国特使が北朝鮮の金正恩委員長の要望をトランプ大統領に伝え、大統領は米朝首脳会談に応じる姿勢を見せた。急転直下の情勢変化で、日本、中国など周辺各国が対応に追われている。
 報道された内容から事実だけ拾うと、平昌オリンピックのタイミングで北朝鮮特使が韓国を訪れ文在寅大統領と会談。その後、韓国特使が訪朝し金委員長と面会。南北首脳会談を行うことで同意し、同時にアメリカに対する金委員長の要望を持ち帰った。文大統領がトランプ大統領に特使を派遣して伝えた。この間、ほぼ1ヶ月以内の動きだ。
 北朝鮮は、韓国特使訪朝は報じているが、米朝首脳会談に関しては沈黙している。韓国が公表しており、北朝鮮は正式に何も公表していない。核・ミサイル凍結を約束したと伝えたのも韓国。米朝の直接合意ではなく、約束を破った場合、韓国の立場が悪くなる。韓国にも危険な取引だ。
 北朝鮮側が姿勢を豹変させたのは、推測でしかないが、アドバルーンを上げて様子見と時間稼ぎを、韓国を介してやってみたのだろう。国内向けに金委員長は核とミサイルで権威付けしているから、放棄するならアメリカが後ろ盾に引き込むくらいのことが無ければ体制を維持できない。したたかだが、危うい取引。核凍結は、費用と燃料と実験場の負担が大きく、次の準備まで時間がかかるのかも。米朝会談を持ちかければ、その間、軍事的挑発は不要だ。
 トランプ大統領の態度豹変は、直接交渉に乗り気なのか、事務折衝は不利とみたのか、外交成果が欲しいのか、分からない。ただし、相手が得をする取引はしないだろう。約束不履行があれば北の軍事拠点に巡航ミサイルをぶち込むくらいやりかねない。
 中ロは複雑。特に中国は、北朝鮮を制御できず苛立っている。六カ国協議の枠組みに戻り、影響力を残したいが、取引に参加できず、経済的締め付けが続くだろう。
 日本。北朝鮮も韓国も、日本は眼中になく、置いてきぼり。拉致と領土問題の解決が遠のくばかり。取引の場にも立てない状況で、日中韓は、さてどう動く。
 
                            (仲)
 
                             戻る

« 裁量制拡大撤回と森友のダメージ      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 森友問題に見る行政の文書管理      ~ゆうてもええかな~ »