« 米核戦略見直し評価の先は      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 平昌五輪前半までの違和感      ~ゆうてもええかな~ »

2018年2月10日 (土)

恵方巻き廃棄と義理チョコ廃止      ~ゆうてもええかな~

 恵方巻き。コンビニエンスストアの戦略で定着した感がある。一方で、余剰分の大量廃棄の問題に焦点が当てられ、一部で不要の声が上がっている。
 節分の太巻き寿司一気食いは、もともと関西で海苔業界が冬場の需要喚起の戦略で始め、定番となったと聞いている。それが平成に入り、節分時期の需要掘り起こしでコンビニが恵方巻きとして全国展開した。コンビニ各社、スーパー、デパートなど巻き寿司を扱う店舗がこぞって売るものだから、販売数の見込みを立てるのが難しいのだろう。それに巻き寿司は、日頃そんなに量が出ないし、保存も利かない。具材を他の商品に転用できれば、工場での廃棄は減るのだろうが、不足売り切れを許さない発注元が相手なら、注文より多めに準備せざるを得ない。フランチャイズ展開で工場から仕入れる流通業態の販売では、廃棄を抑えるのは難しい。販売数予測と製造発注の読み違いは、実際に発注した部門の責任のはずで、読みが甘いのを仕入れ元の工場とか店舗が負うのは違うと思う。実際に廃棄するのは工場と店舗だけど。土用のうなぎ、クリスマスケーキはどうだろう。販売予測が確立すれば、廃棄は減るはずだ。縁起物だから欲しいという客は、予約すればいい。
 意味合いは違うが、止めようの声、もう一つ。ゴディバが義理チョコ廃止の意見広告を出したことが話題になっている。ゴディバのチョコレートは義理チョコ用に買わないだろうと思ったが、それはさておき。義理チョコ廃止論は今に始まったことではなく、会社内の虚礼廃止の一環で義理チョコ廃止とした職場もある。負担に思うなら止めればいい。止められないなら、その環境にはハラスメントの土壌が隠れている。セクハラかパワハラか。それに気づかないところに問題がある。
 出張に行ったらお土産を買ってくる。もらい物をお裾分けする。そういうことが自発的にできている環境だったら、義理チョコも負担ではないかもしれない。配る数にもよるけど。一人で百個も用意するなら、負担以外の何物でもない。
 廃止と言わず、個人の自由でいいじゃないか。気持ちを規制する世の中は窮屈だもの。
 
                               (仲)
 
                                戻る

« 米核戦略見直し評価の先は      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 平昌五輪前半までの違和感      ~ゆうてもええかな~ »