« 恵方巻き廃棄と義理チョコ廃止      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 働き方改革関連法案の関連性      ~ゆうてもええかな~ »

2018年2月17日 (土)

平昌五輪前半までの違和感      ~ゆうてもええかな~

 ただいま、平昌で冬季オリンピックが行われている。開幕して1週間、日程の半分を終えた。日々熱戦が繰り広げられていると思うが、報道では競技以外のところが妙に目立つ。日本にいて、日本の報道を見ているからだろうか。
 北朝鮮選手。韓国と北朝鮮のトップが、今年に入って協議し、北朝鮮選手団の派遣を決めた。スキーやスケート競技は個人種目だからエントリーするだけだが、女子アイスホッケーは南北合同チームを編成して競技に臨む。政治的思惑は別として、オリンピックに参加するチームとして準備期間が短すぎる。4年に一度の大会に向けて調整してきた他の選手には、どう映っているのだろう。開会式の選手入場は南北同時。統一旗で入場した。ホスト国韓国の国旗ではなかった。誘致から準備までの苦労はすべて韓国、開会したら南北は一つ。当事者が納得しているならいいけど、外から見ると、違和感を感じる。
 ホスト国の運営の問題も報道されている。スキージャンプの決勝が深夜に及んだ。オリンピックでは元々、アメリカの放送時間に合わせたタイムスケジュールを要求されることがあるから、運営以前の問題を割り引いて考えるべき。それより、ノロウィルスの感染が広がっていることの方が、問題が大きい。開会前から感染の話があったのに、大会期間中でも新たな患者が出ているようなのが解せぬ。
 ロシアからの選手に精彩がない。16日の時点で、金メダル無し。前回ソチオリンピックは、ホスト国なりの強化もあって、金メダルは13だった。ただし、ドーピングで2個の剥奪があり、現時点で11になっている。まだ日程が半分残っているから最終結果を待たなければならないが、ソチの前のバンクーバーは金メダル3個だった。
 オリンピックの成果って、何なんだろう。競技した選手は胸を張るべきだけど、国の思惑が見えてしまうと、違和感がある。選手本人は、もっと強く感じているかも知れないなあ。
 
                             (仲)
 
                              戻る

« 恵方巻き廃棄と義理チョコ廃止      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 働き方改革関連法案の関連性      ~ゆうてもええかな~ »