« 米暫定予算の対立構造      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 米核戦略見直し評価の先は      ~ゆうてもええかな~ »

2018年1月27日 (土)

寒波、噴火、自然の猛威      ~ゆうてもええかな~

 この冬、数十年に一度の寒波に見舞われ、各地で大雪や低温による被害が相次いだ。関東を中心に広範囲に影響が出て、首都高閉鎖などによる配達荷物の遅延、ノーマルタイヤでのスリップによる立ち往生、鉄道やバスの遅延運休があり、気象庁は不急不要の外出を控えるよう呼びかけた。だからといって休業した企業があるという話は聞かぬ。通勤は不急不要の外出とは認められていないようだ。
 23日午前、群馬県の草津白根山で噴火が発生した。火口から数百メートルのスキー場では、ゲレンデやゴンドラ、建物に噴石が降り、一人死者が出た。半径2kmの範囲は立ち入り禁止となったが、規制区域の外にある中腹のゲレンデは営業を再開しているようだ。スキー客や温泉目当ての観光客の足が遠のいており、地元の観光業は深刻な状況となっている。
 草津白根山は、火山活動の監視が必要として、気象庁が観測態勢を敷いていたが、その場所ではない別の火口で噴火し、複数の列状の火口が見られる。水蒸気噴火の可能性が高いが、水蒸気だけでなく、マグマ由来の火山ガスが付着した噴石が見つかっており、マグマの活動が活発化している可能性があるとして、注意を呼びかけている。
 噴火予測の難しさが露呈した形で、火山性微動や地面の膨張といった活動が見られた火口を常時観測していたが、別の火口で、しかも火山性の地震などの予兆が全くなく噴火した。2014年に御嶽山で起きた噴火との共通点を指摘する声もあり、噴火した記録がない場所でも、噴火した痕跡、地質学的に形跡があれば、避難経路や自治体と国の連絡網設定が必須になる。これは政府が、御嶽山噴火を受けて2015年に義務化したことだが、整備状況はまだ3割程度にとどまっている。
 日本で過去の噴火記録が残っていたとしても、千数百年しか遡れない。科学的な観測になると、百年くらいか。寒波も、地震も、津波も、あるかもしれないと思って備える契機になれば良いと思うが、人手も金もかかることで、優先度を考えて対応するしかないのだろう。
 
                             (仲)
 
                              戻る

« 米暫定予算の対立構造      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 米核戦略見直し評価の先は      ~ゆうてもええかな~ »