« 退位日決定の駆け引きは      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 伊方原発運転差し止めで示した判断      ~ゆうてもええかな~ »

2017年12月 9日 (土)

エルサレム首都認定の思惑      ~ゆうてもええかな~

 トランプ米大統領は6日午後ホワイトハウスで演説し、エルサレムをイスラエルの首都として認める宣言文書に署名し、テルアビブにある米大使館をエルサレムに移転させる手続きを始めるよう、国務省に指示した。パレスチナや中東諸国は反発し、8日金曜日の礼拝のあと、デモが頻発した。また国連でも、国連安全保障理事会の緊急会合が開かれ、英仏を始め各国が米国批判を展開し、米国は孤立状態となった。
 エルサレムはユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地。その地位はイスラエルとパレスチナの和平交渉で決めるという国際合意に、米国も今まで同調していた。その立場を覆した形になる。即ち、前政権まではイスラエルとパレスチナの和平を取り持つ立場であったが、トランプ政権はそれを放棄し、イスラエルの主張を認めると宣言したに等しい。
 アラブ諸国はもちろん、欧州なども、パレスチナ和平交渉の行方を見守る立場を維持している。和平交渉が停滞している現状では、どちらに肩入れしても、中東地域の緊張が高まり、武力衝突、テロを誘発することが目に見えている。そんな中、イスラエルの主張に沿いエルサレム首都認定を公約に掲げたトランプ政権が誕生し、特にアラブ諸国は自制を求めていた。
 今、このタイミングで、首都認定宣言を出す国際的理由は、どうやら見当たらない。イスラム教徒に対して、聖地エルサレムをイスラエルの首都と認めることを説明できないし、対立を生むことは必至。米国はイスラエルとの関係が緊密で、イスラエルの立場を擁護してきたが、それでもエルサレムの帰属問題は国際合意の下に、和平交渉後としていた。今回の認定宣言は、トランプ政権がそれまでの方針を転換し、政権を支持するユダヤ系に対するアピール、内政あるいは政権基盤のための宣言と見られ、反米感情をあおることになりかねない。
 反発を買ってまで踏み切ったのには、何か思惑があるのだろうが、分からない。公約実行の実績作り以外に思い当たらない。自国主義のわがままなのかねえ。
 
                           (仲)
 
                            戻る
 

« 退位日決定の駆け引きは      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 伊方原発運転差し止めで示した判断      ~ゆうてもええかな~ »