« 9月期決算好調なれど      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 日馬富士暴行に見る危機管理      ~ゆうてもええかな~ »

2017年11月18日 (土)

日馬富士暴行に見る危機管理      ~ゆうてもええかな~

 大相撲の横綱日馬富士が、巡業先の鳥取での酒席で、幕内力士貴ノ岩に暴力を振るったとする事件が、貴ノ岩、貴乃花部屋側からの被害届を受けて警察が任意で事情聴取をする事態に至った。12日初日の九州場所に貴ノ岩は初日から休場、日馬富士も2連敗ののちヒジ痛を理由に休場している。
 この事態がマスコミで大きく取り上げられたのは、日馬富士がビール瓶で殴打した、頭蓋骨骨折の診断があった、傷害の被害届が警察に出された、ということだが、ビール瓶は否定する報道が出始めたこと、診断書は骨折疑いであり全治2週間の診断との報道もあり、警察の聴取も早々に動いているため、実際に起こったことが少なからず明るみに出ることと思う。
 ここでは、危機管理という観点から考えたことを挙げる。
 まず、相撲協会側の危機意識だ。相撲界では、伝統的に体力の限界まで追い込む稽古をする世界で、今までには指導の過程で手が出ることもあるだろう。ただ、けがを負わせて相手の力士に直接ダメージを与え、結果的に休場や、稽古不足で負け越すことがあれば、目に見えるリスクがあるわけで、それは協会で危機管理をすべきだろう。格闘技に長けた力の持ち主であるから、なおさら。
 日馬富士側。横綱は力士の中で最上位の格であり、パワーハラスメントが許される時代ではないことを自覚する必要があるだろう。協会の指導は分からないし、品格どうこうは部外者が言うことではない。ただ、上位の地位にある者は、権限と同時に責任が伴うのは相撲界でも同じだろう。
 貴乃花部屋側。力士を直接管理し指導しマネジメントする立場にあり、日馬富士と伊勢が刃まっ部屋とで折衝する窓口になるはずで、被害の状況と事実確認で対処の判断をするべきではないかと思う。少なくとも報道に出ている情報では、当日以降、被害届を出しても協会内、部屋同士で折衝した形跡はない。マネジメント側として妥当だっただろうか。
 相撲界の話だが、企業にも相通ずる危機管理案件があるのではないか。
 
                             (仲)
 
                              戻る

« 9月期決算好調なれど      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 日馬富士暴行に見る危機管理      ~ゆうてもええかな~ »