« 衆院選投票日に嵐来襲      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | iPhoneXの波及効果      ~ゆうてもええかな~ »

2017年10月28日 (土)

東京モーターショーと無資格検査      ~ゆうてもええかな~

 東京モーターショウーが25日開幕し、28日から一般公開も始まった。
 自動車の技術開発は主に、電気モーター化と自動運転で競争が激しい。電気自動車は、充電式が出始めていて、燃料電池車の展示も出ている。
 自動運転は、完全自動化が目標だが、すでに障害物を検知して停止するシステムは汎用化されており、センサーとAI技術で運転をサポートするシステムは試験段階に入っている。
 従来のガソリンや軽油を燃料とするエンジン搭載のみの自動車とは、駆動系と制御系が全く変わっていて、過渡期にある業界だから、ビジネスチャンスも広がる。自動運転は、トラックやバスなどの大型車で先行需要がありそうだが、道路環境の整備も必要であれば、関連企業含めて大きな市場となるだろう。
 夢は見たい。それと同時に、夢を実現する技術が必要になる。最先端技術を搭載した車でも、故障やトラブルが起きては何にもならない。
 現在でも、自動車産業の品質基準は厳しく規定されている。故障が事故に直結し、人命に関わる機械だから、故障させないための品質管理システムが設定されている。その厳しさは、家電機器の比ではない。だから、完成検査の無資格検査員実施は深刻な問題で、重大だけど、法律の規定がなく自社基準での検査員認定に任されている。おそらく、法律で認定検査員の完成検査を義務づけると、輸入車に適用できるのかという摩擦が生じるだろうから、法的義務にできないのだろう。
 日産に続き、スバルでも無資格検査が明らかになった。自動車の技術、モーターや自動運転装置搭載車が出てくるのだから、検査方法も変わるだろうし、検査する基準と、検査して合格かどうか判定する技量が整わないと、安全な車だと言えない。
 先端技術の未来が明るく、システムは複雑になる。出荷検査する能力は、ますます重要になりますぞ。
 
                             (仲)
 
                              戻る

« 衆院選投票日に嵐来襲      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | iPhoneXの波及効果      ~ゆうてもええかな~ »