« なぜここで衆議院解散      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 日産無資格検査の問題点      ~ゆうてもええかな~ »

2017年9月30日 (土)

衆院選勝利目指して離合集散      ~ゆうてもええかな~

 25日からの一週間で、政治の勢力図ががらりと変わった。当落線上の候補者が勝てそうなところに集まる姿が分かりやすい。
 安倍首相が消費増税分の使途と北朝鮮情勢について民意を問うとして衆院解散を公表したのと同じ日、小池都知事が政党希望の党を立ち上げ、代表に就任することを明らかにした。27日に民進党が公認候補を立てず希望の党公認を求める事実上の合流方針を打ち出し、28日に解散。10月10日公示の衆院選では、自公与党に希望の党が挑む構図に、知事連合とも言える大村愛知県知事、松井大阪府知事の協力合意など希望の党との連携がどこまで広がるか。その外で、希望の党の公認を受けられない民進党所属の議員、主に護憲派、リベラル派の候補の動向、野党四党協力が自然解消し、自由党は希望の党寄り、社民共産両党は距離を置いて独自の戦いになり、対応に追われている。
 東京都議選では小池都知事率いる都民ファーストの会が圧倒したが、衆院選ではどうか。自民党が主導権を維持するために小池新党が体制を固める前に解散したのに、民進党合流で世間の耳目を集めたのは、安倍首相には計算外だっただろう。ただ、選挙に勝ちたいための離合集散が丸見えで、希望の党には求心力が足りない。民進党合流で、新勢力としての勢いが削がれた気がする。
 特定の支持政党無しの有権者として言わせてもらえば、希望の党が何をしたいのかが分からないし、争点についても各党の間で審議された案件でないから、自公政権を評価するかしないか、という観点からしか考えようがない。それに、公示までの10日間で、まだ構図が変わるだろうし、何を基準にして投票すればいいのか、さっぱり分からない。
 各党の公約と候補者が確定ないと、どういう選挙になるか見当もつかぬ。もやっとした衆院選になりそうに思うのは、私だけだろうか。投票率が低いと、組織票を持ってる政党は強いかな。
 
                             (仲)
 
                              戻る

« なぜここで衆議院解散      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 日産無資格検査の問題点      ~ゆうてもええかな~ »