« ハリケーンの影響はガソリンに      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | O-157はどこから      ~ゆうてもええかな~ »

2017年9月 9日 (土)

日ロ首脳会談でのロシアの意図      ~ゆうてもええかな~

 国連安保理でアメリカが北朝鮮制裁案に石油禁輸を盛り込む厳しい対応を迫っているが、議決できるかは中国とロシアが同意するか否かにかかっている。
 ロシアがどう出るか、7日の日ロ首脳会談での結果で見えた。ロシアは制裁強化には乗ってこない可能性が高い。
 ロシアと中国にとって、北朝鮮は米韓と直接対峙しないための緩衝地域の意味合いがある。北朝鮮が韓国に併合されて消滅しては困る。ただ、中国とロシアが同じ立ち位置にいるわけではない。ロシアとアメリカの関係が悪化しているから、アメリカの怒りにロシアが同意する必要は無い。ロシアは自国の利害で判断するだけだ。
 その判断が、日ロ首脳会談の後の共同記者発表で示された。日本と会談した後でも、外交手段での解決を主張している。外交手段とは、自分が考えるに、アメリカの軟化を求めているのだろう。お互いの譲歩である。ただ、仲介する気はロシアには無い。調整できないリスクが大きい。
 日本が北朝鮮の脅威に理解を求めたとして、それに乗る状況でもないようだ。北方領土問題でも、共同経済活動を含めた覚書を交わしたが、そこまで。ロシアとしては、日本の経済協力に進展があったと言える内容だけど、具体的な実行案は決まっていない。当たり前で、ロシアはロシアの法体系の下での開発を目論んでいて、それはすなわち、ロシアに主権があることを譲らないということ。そして、来年のロシア大統領選に向けて、主権を損ねることは一切しない。強い大統領であることを国内にアピールしなければならない。
 日ロ首脳会談を重ねても、ロシア国内で弱い経済面でアピールする材料しか出てこない。譲れない線で譲歩するほど、日本を頼る状況にはなっていない。アメリカとの関係悪化が続けば、話は別だけど、半年先は読めない。日本も、衆院解散の話が出ているようだし。
 
                             (仲)
 
                              戻る

« ハリケーンの影響はガソリンに      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | O-157はどこから      ~ゆうてもええかな~ »