« 日ロ首脳会談でのロシアの意図      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | なぜここで衆議院解散      ~ゆうてもええかな~ »

2017年9月16日 (土)

O-157はどこから      ~ゆうてもええかな~

 前橋市保健所は13日、都内在住の3歳の女の子が、腸管出血性大腸菌O-157に感染し、死亡したと発表した。この女の子は、8月11日に前橋市の親戚と、前橋市内の総菜店で購入した炒め物などを食べた。数日後に下痢や腹痛を起こし、都内の病院に入院したが、9月上旬に死亡した。同じものを食べた親戚も下痢などの症状を起こしたが、回復しているという。
 埼玉、群馬両県にある同じ系列の総菜店では8月、ポテトサラダなどを食べて腸管出血性大腸菌O-157に感染し、食中毒を起こした事例があり、女の子が感染したO-157と遺伝子の型が一致したことから、前橋市の総菜店の炒め物から感染したと断定した。
 同じ遺伝子の型のO-157による食中毒は、7月末から11都県、80人以上に上ると報道されている。埼玉、群馬、千葉、神奈川などで確認されており、8月には関西などでも感染者が出た。
 埼玉、群馬両県の食中毒については、同系列の総菜店で総菜を購入した人が感染しており、何らかの形で関わった疑いが強い。しかし、感染経路は未だ明らかではなく、販売形態が大皿盛りで、購入者がトングで小分けする量り売り形式だったため、感染経路が材料か、調理中の作業か、店頭で菌が混入したのか、特定されていない。
 器具などに付着した菌が拡散した二次感染が疑われているが、範囲が広く、絞りにくい。食べる側で自衛するとすれば、火を通して菌を殺すか、夏場の室内に長時間おかずに冷やして、菌の増殖を防ぐ。あとは基本の、手洗い消毒と、野菜の洗浄。調理器具もこまめに洗浄。
 菌の根絶は難しく、感染者が出たら対策して、しばらくしたら思わぬ感染経路から感染者が出る。腸管出血性大腸菌O-157での食中毒は劇症化しやすく、今回の事例での感染経路解明が待たれる。ポテトサラダで感染って、今まで聞いたことないから、混入経路があるはず。必ず。
 
                            (仲)
 
                             戻る

« 日ロ首脳会談でのロシアの意図      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | なぜここで衆議院解散      ~ゆうてもええかな~ »