« 閉会中審査の効果      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 北朝鮮ICBM再発射の愚      ~ゆうてもええかな~ »

2017年7月22日 (土)

福島第一原発廃炉の道険し      ~ゆうてもええかな~

 東京電力は21日から、福島第一原発3号機の原子炉内部のロボットによる調査を行った。原子炉格納容器で画像を撮影した結果、もともと核燃料が納められていた圧力容器の底から、高熱で熔け出した核燃料が容器と混ざり合った状態で垂れ下がっている様子や、落下した構造物にこびりついている様子が確認された。東京電力は、これは核燃料が溶融したデブリの可能性が高いとし、デブリそのものを画像で確認したのは初めてと発表した。
 1月の福島第一原発2号機のロボットによる調査で、デブリの痕跡は見つけていたが、確認に至らなかった。2号機は核燃料の一部が圧力容器にとどまっているとみられていて、実際に今回の映像で、2号機より3号機の方が破損状況が激しいことが明らかになった。
 デブリ、すなわち核燃料が溶融したものかどうかを確認するには、そこから出る放射線を測れば分かる。でも、今はできない。内部の放射線量が高すぎて測定できない。人が入れるレベルではないし、遠隔操作しかないが、電子機器を積んだロボットも、短時間しか活動できない。半導体チップが高い放射線で壊れるからだ。だから今年に入って、のぞき見程度の画像確認を、各原子炉で順番に進めている状況だ。
 核燃料デブリを片付けないと、廃炉できない。まだ、存在を確認しただけで、どこに、どれくらいデブリがあるか把握しないと、除去作業に移れない。東電と国は、来年工法を決めて2021年には取り出しに着手する計画だが、具体的な手順は未知の領域だ。そもそも、原子炉格納容器は密閉空間では無い。冷却水は建屋地下に漏れ出している。水は放射線を遮蔽する効果があり、冷却水が無くなったら、原子炉内部の放射線量が上がり、作業が難しくなる。
 放射性物質が拡散しないように、慎重に、記録を取りながら進めてほしい。世界で初めて、圧力容器外の核燃料除去例になるのだから。情報公開は重要ですぞ。
 
                            (仲)
 
                             戻る

« 閉会中審査の効果      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 北朝鮮ICBM再発射の愚      ~ゆうてもええかな~ »