« 2017年6月 | トップページ

2017年7月22日 (土)

福島第一原発廃炉の道険し      ~ゆうてもええかな~

 東京電力は21日から、福島第一原発3号機の原子炉内部のロボットによる調査を行った。原子炉格納容器で画像を撮影した結果、もともと核燃料が納められていた圧力容器の底から、高熱で熔け出した核燃料が容器と混ざり合った状態で垂れ下がっている様子や、落下した構造物にこびりついている様子が確認された。東京電力は、これは核燃料が溶融したデブリの可能性が高いとし、デブリそのものを画像で確認したのは初めてと発表した。
 1月の福島第一原発2号機のロボットによる調査で、デブリの痕跡は見つけていたが、確認に至らなかった。2号機は核燃料の一部が圧力容器にとどまっているとみられていて、実際に今回の映像で、2号機より3号機の方が破損状況が激しいことが明らかになった。
 デブリ、すなわち核燃料が溶融したものかどうかを確認するには、そこから出る放射線を測れば分かる。でも、今はできない。内部の放射線量が高すぎて測定できない。人が入れるレベルではないし、遠隔操作しかないが、電子機器を積んだロボットも、短時間しか活動できない。半導体チップが高い放射線で壊れるからだ。だから今年に入って、のぞき見程度の画像確認を、各原子炉で順番に進めている状況だ。
 核燃料デブリを片付けないと、廃炉できない。まだ、存在を確認しただけで、どこに、どれくらいデブリがあるか把握しないと、除去作業に移れない。東電と国は、来年工法を決めて2021年には取り出しに着手する計画だが、具体的な手順は未知の領域だ。そもそも、原子炉格納容器は密閉空間では無い。冷却水は建屋地下に漏れ出している。水は放射線を遮蔽する効果があり、冷却水が無くなったら、原子炉内部の放射線量が上がり、作業が難しくなる。
 放射性物質が拡散しないように、慎重に、記録を取りながら進めてほしい。世界で初めて、圧力容器外の核燃料除去例になるのだから。情報公開は重要ですぞ。
 
                            (仲)
 
                             戻る

2017年7月15日 (土)

閉会中審査の効果      ~ゆうてもええかな~

 安倍首相は13日、加計学園問題を巡る国会での閉会中審議に応じ、自ら出席して説明する意向を自民党国対委員長に伝えた。与野党で日程を調整する。
 今まで必要ないとの姿勢だったが、一転して首相出席を決めたのは、支持率が下がっているからに他ならない。第二次安倍政権はアベノミクスを背景に高い支持率を維持してきたが、ここへ来て、一部報道では支持率30%を割り込むほど急落していて、首相周辺が危機感を抱いている現れとみることができる。
 加計学園問題について、閉会中審査での集中審議を国会でやったからといって、疑惑が解明するとは思えない。設定した時間で、野党が政府の関与があったと主張し、政府は否定することを繰り返して終わるだけだろう。
 首相サイドの予定は、9月とみられる臨時国会で憲法改正論議をねじ込むために、今までのダメージを払拭したい。そこで8月、内閣改造と党役員人事で態勢を固め、1ヶ月の準備期間をとって臨時国会に臨む。それまでに支持率対策で、加計学園問題の説明する姿を見せよう。そういう意図が透けて見える。
 支持率低下の直接原因は、加計学園問題だけでなく、共謀罪での強行採決、二回生議員の失態など、自民党に緩みが出たところに、都議選で小池新党が反自民票を引き受けて大勝したことで、自民一強の印象が一変したところにある。それ以前、トランプ大統領当選のあたりから、保護主義台頭による日本経済の先行き不安がわき上がり、アベノミクスで支持を維持してきた安倍政権の基盤が盤石ともいえない状況があった。
 閉会中審査に応じてダメージを払拭したい安倍政権だが、効果のほどは期待薄。逆に野党が安倍政権を追求できる材料があるという情報も無く、こちらの効果も期待薄、かな。
 
                            (仲)
 
                             戻る

2017年7月 8日 (土)

九州豪雨災害      ~ゆうてもええかな~

 5日から福岡と大分の広い範囲で、記録的な大雨が降り、死者16名、安否確認が取れていない方もまだおられ、交通が寸断されて孤立した地域も未だにある。8日の時点で梅雨前線が西日本の上空にあり、そこに南海上からの湿った空気が入り込みやすくなっていて、9日にかけて九州から西日本の広い範囲で大雨への警戒が必要な状態だ。
 4日、台風3号が長崎に上陸し、足早に東へ駆け抜けた。その影響があるかどうか分からないが、その後、福岡からと有明海の二方向から湿った風が吹いて合流し、上昇気流となって積乱雲を発達させた。悪いことに、湿った空気が止まらず、積乱雲が同じ場所で発生し続けたため、大雨の範囲が移動せず、東へと線状に雨雲がかかり続けた。
 地形的に特別な条件があったわけではなく、梅雨前線の位置、太平洋高気圧の縁を回って南海上の湿った空気が入り込んでくるからその風向き、海面の水温といった条件が重なれば、どこで記録的な豪雨が降ってもおかしくない。
 中国南部でも記録的な大雨で災害が起きているようなので、当面は天気予報をこまめに確認し、雨が降るときは大雨に警戒するしかない。
 今回の九州地区の豪雨災害では、崖崩れなど土砂災害で孤立したケース、大雨で濁流に足を取られて流されたケースが目立つ。平地でも、河川の氾濫で洪水被害が起こる可能性がある。
 ゲリラ豪雨という呼び方が定着して久しい。ごく狭い範囲でも、平地でも、条件がそろってしまえば豪雨災害が起こりえる。
 地震、台風、豪雨。自然災害が、想定の規模を超える、あるいは予想していなかった場所で発生し甚大な被害につながるケースを多々見てきた。今回の豪雨被害の地域は、昨年の熊本地震の被災地と重なるところがある。陳腐だが、日頃の備えは充分か、見直すしかないのではないか。
 
                           (仲)
 
                            戻る
 
 

2017年7月 1日 (土)

自民逆風の都議選      ~ゆうてもええかな~

 明日2日は、東京都議会議員選挙の投開票日。小池知事就任後初であり、小池知事率いる地域政党が選挙に臨む。そして、安倍首相再登板以降順調だった自民党が、久々に逆風の中で戦う大型選挙となった。
 争点は、築地市場移転問題を始め、小池知事の施政に対する選挙民の判断が中心だったはずだが、報道で聞こえてくるのは、森友学園問題に続いて、加計学園問題。その処理でもたもたしているところへ、稲田防衛大臣の応援演説での発言である。
 都議選候補の応援演説で、防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたいという内容の発言をした。自民党としてお願いするのはかまわないが、防衛省や自衛隊を持ち出してはいけない。自衛隊の駐屯地近くの選挙区だから地域との関係を、という意図があったとされるが、武器を持つ国家の組織は政治的に中立でなければならない。もちろん、自衛隊員が国民の権利として選挙で投票することは保証される。でも、自衛隊は自衛隊法で投票以外の政治的行為を制限されている。30日の記者会見で発言を撤回したが、投票日は間近である。
 この夏に、安倍首相は内閣改造を考えているという。秋に招集される臨時国会へ向けて、加計学園問題を引きずらないように、人気回復を見込める大物の入閣を目指しているようだ。具体的には橋下徹氏や小泉進次郎議員の名が上がっている一方、更迭の可能性がある閣僚も取りざたされている。明日投開票の都議選での結果次第では、安倍政権に追い打ちのダメージを与え、支持率低下を招く事態になれば、改造内閣人事に当然、影響が出てくる。1千万人を超える有権者の判断が示される。都議選、地方議会選挙だと切り捨てられない。
 自民への逆風は、報道を見る限り、弱まる気配はない。せめて景気が良けりゃ強いのだろうが、経済の先行きは読めない。政権基盤のヒビが見えるようだ。
 
                            (仲)
 
                             戻る 
 

« 2017年6月 | トップページ