« G7サミット開催中      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 加計学園問題は解決できない      ~ゆうてもええかな~ »

2017年6月 3日 (土)

米国パリ協定離脱の行く末      ~ゆうてもええかな~

 トランプ大統領は1日、パリ協定離脱を表明した。EU各国の首脳からは失望の意を表明し、EUとの首脳協議に臨んでいる中国は、パリ協定維持をいち早く発信した。
 パリ協定では、地球温暖化対策として、今世紀後半に全世界の実質的な温暖化ガスの排出をゼロにすることを目指している。参加する国すべての国に削減を求めるとしており、途上国も例外ではない。
 トランプ政権は、このパリ協定からの離脱を決めた。国内の経済と雇用を守るためとしているが、その対象は、鉄鋼、石油石炭のエネルギー業界が主だといわれている。温暖化対策はこれらの業種の利益を損なうだけでなく、途上国への開発援助の負担が加わる。利益が減ってコストがかかる、というわけだ。米国にとって公正な協定への修正、あるいは別の枠組みを作ると明言した。
 TPP離脱とは、意味合いが異なる。TPPは貿易協定だから、二国間での交渉もできなくはない。しかしパリ協定は、全世界で決めた枠組みである。環境問題はEU諸国が先導しており、離脱は孤立につながりかねない。
 個人的には、やってみればいいさ、と思っている。今日明日の問題ではないが、グリーン購入の考え方が進むと、米国産品の購入は温暖化に逆行するから控えよう、という流れになるかもしれない。米国から海外へ向けて展開している企業にとって、マイナスイメージが実損につながったとき、再加入の世論が起きるだろう。また、排出削減義務から離脱すれば、温暖化対策技術開発で世界水準から後退するとの危惧が出ている。温暖化対策をビジネスチャンスとするエコカー関連技術,電機機器の省エネ技術への投資が滞ったり、米国内で過剰スペックとして敬遠されたら、この業界の損失となる。
 行き過ぎたら揺り戻す。民主主義の政治は、そういうものだと思う。
 
                         (仲)
 
                          戻る

« G7サミット開催中      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 加計学園問題は解決できない      ~ゆうてもええかな~ »