« 民進党の混迷      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 共謀罪が分からん      ~ゆうてもええかな~ »

2017年5月13日 (土)

3月期決算発表ピーク      ~ゆうてもええかな~

 12日、上場企業の3月期決算発表がピークとなった。営業利益を減らした企業が多く、全体的に5年振りの営業利益減となった。
 大きく影響したのが円高で、イギリスのEU離脱問題などから円高傾向で推移し、トランプ大統領当選後円安に振れたがカバーしきれなかった。
 製造業が円高の影響を受ける一方、非製造業の利益が伸びた。大手商社が、資源価格安定のおかげで利益を確保した。営業利益が減に転じたが、税引き後の純利益は昨年に比べわずかに増加している。上場企業に限った集計になるので、日本全体の景況と結びつけるのは難しい。
 同時に向こう一年、2018年3月期の利益見込みが出ており、こちらは増加に転じているが、全般に控えめの予想を出している企業が多いという。この先一年分の業績を見積もるとき、不確定要素が多いため、強気の予想がしづらい。為替相場は、北朝鮮情勢や各国が通貨安への誘導に動けば、円高差損が生じる。中国経済の動向、EU情勢、そしてアメリカの景気動向、保護主義政策による貿易赤字解消やアンチダンピングの動き、二国間貿易交渉への移行が進めば、製造業は苦しい。
 国内では、輸送業者の値上げに人手不足感からの人件費拡大などが懸念材料だ。企業が先行きに不安を感じたとき、設備投資を絞る。昨年は設備機器関係が低迷して、利益を減らしている。今後はアメリカと中国での設備投資頼みで、国内での販売は厳しいようだ。希望はあるが、不確定要因を抱える市場そのものがターゲットで、為替リスクも伴う。
 国内消費が伸びなければ景気回復は止まってしまう。個人収入が増えた実感がないなかで、海外からの観光客の呼び込みも有力なコンテンツになる。続けるのが難しいけどね。
 
                        (仲)
 
                         戻る

« 民進党の混迷      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 共謀罪が分からん      ~ゆうてもええかな~ »