« カーボンナノベルトは何になる      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 北朝鮮への圧力は      ~ゆうてもええかな~ »

2017年4月22日 (土)

不倫議員離党      ~ゆうてもええかな~

 国会開会中なのだから、先にやることがあるだろうにと思う。不倫報道があった自民党の中川衆議院議員が、経済産業政務官の辞任し、さらに21日、自民党を離党した。自民党執行部から自発的な離党を求められての離党で、実質、党から見放された。
 野党は週刊誌報道ののち攻勢を強めて議員辞職を求めていた。自民党としては、先月の務台復興政務官の、被災地視察時で長靴が無かったため職員に背負われて移動した件での政務官辞職、閣僚らの発言についての謝罪撤回が相次いでいた。党執行部としては、閣僚が辞任すると安倍首相の任命責任を野党から追及されるため、続投させたい。一方、問題発覚の政務官擁護は、野党の追及のみならず、身内に甘い印象を与え、政権の支持にダメージを与えかねない。政権運営を考えると、厳しい態度を示すことが必要になる。
 一方の野党は、自民党議員の辞職に追い込みたい。難しい理屈はない。自民党議員をスキャンダルで辞任させ、補欠選挙に持ち込みたい。そうすれば野党側が有利に戦える。中川議員は当選2回の若手だが、父は元官房長官の中川秀直氏。秀直氏引退に伴って地盤を受け継ぐ形で当選しているから、野党は自民党にダメージを負わせる形で辞職させたい。
 自民党は離党で幕引きを図る。政権運営を考えての処置だが、党内には深刻な影響が出ている。政務官辞職の面々は5年前の自民党圧勝時の当選議員で、2回当選組の若手を不安視する雰囲気が出ている。脇が甘い若手議員の引き締めができていないのではないか。一人勝ち安倍政権の足下が揺らぐことになりかねない。
 党利党略の圧力を受けた中川議員だが、出直しは有権者が判断する。国会審議が議員個人の問題で遅れる方が、国民の利益に反すると思うんだけどなあ。

                         (仲)

                          戻る

« カーボンナノベルトは何になる      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 北朝鮮への圧力は      ~ゆうてもええかな~ »