« 不倫議員離党      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 民進党の混迷      ~ゆうてもええかな~ »

2017年4月29日 (土)

北朝鮮への圧力は      ~ゆうてもええかな~

 28日、国連安保理の閣僚会合が開かれ、北朝鮮への対応が話し合われた。その翌日の29日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した。これは失敗し、北朝鮮の領域を出ること無く爆発したとされる。
 北朝鮮が挑発を繰り返しているとして、周辺各国の対応が厳しくなっている。アメリカは空母を日本海に持ち込んで自衛隊、韓国軍と演習を繰り返している。トランプ政権になって、まずガツンと手を出す構えを見せておいて、外交交渉に持ち込む手法をとるように見える。ある意味、はったりをかまして相手がひるんだところで交渉しようという姿勢に見える。
 日米韓が追加制裁を迫るのに対して、ロシアと中国は交渉を主張し、六カ国協議再開への働きかけを強めている。中国は北朝鮮という国が無くなっては困るから生かさず殺さずで、国際社会の批判からは庇護してきたが、ここへ来て黙ってみているわけにはいかず、石炭の輸入制限を運用したり、中国国内の報道で平壌のガソリン価格高騰を報道して、石油輸出も絞っているように見せている。
 北朝鮮の弾道ミサイル発射は、ここのところ連続して失敗しているが、技術的に問題があるとは思えず、今までのものではない新しい技術開発の実験と指摘する専門家もいる。タイミングは挑発とも取れるように計算されているが、開発が進んで、その技術を見せるのが目的ではないか、と。アメリカ相手に本気でけんかをふっかけるとも思えず、現に北朝鮮の報道は、アメリカが何か仕掛けたら、攻撃するぞと言っている。自発的に攻撃するとは言っていない。
 アメリカの空母派遣は、中国にも北朝鮮をなんとかしろとけしかける圧力になっているわけだが、その中国は金正恩体制をどう見ているか。お仕置きが必要な程度に快く思っていないのは確かだ。米中首脳会談で、北朝鮮を制御することが取引条件になったことで、コントロールが難しい金正恩体制を見限る可能性もある。北朝鮮を潰さず、失脚させる工作もあり得る。
 しばらくは挑発と緊張状態の繰り返しになるのではないか。金正恩体制の力量が量りかねる間はどうにも動かない気がする。
 
                  (仲)
 
                   戻る

« 不倫議員離党      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 民進党の混迷      ~ゆうてもええかな~ »