« 少年法適用年齢引き下げ諮問      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 金正男氏殺害の波紋      ~ゆうてもええかな~ »

2017年2月18日 (土)

プレミアムフライデー      ~ゆうてもええかな~

 金正男氏殺害事件が大々的に報じられているから、簡単に触れておく。経緯はともかく、結果は、中国に近い金正男氏殺害で、北朝鮮と中国との関係がより冷え込んだ。表立った反応はないが、クーデターをあおる工作といった形で北朝鮮の体制を揺さぶることにもなりかねない事態になる。
 話変わって、今日の本題。経済産業省と経団連、業界団体が一体となって、毎月最後の金曜日は早く帰ろうと呼びかける『プレミアムフライデー』なる取り組みを立ち上げた。来週の金曜日、2月24日からスタートする。経団連は企業に、最終金曜日は早く帰る制度を導入するよう要請し、終業時刻を午後3時にするとか、フレックスや有給休暇活用奨励日とするなどの動きが出ている。
 名前だけ残って実態が定着しそうにない感じがする。いや、名前が残ればまだいい方かも。目的と方法がずれていると思う。
 金曜日の仕事を、午後3時頃に切り上げて、食事やレジャー、旅行に活用してもらい、消費を促すのが目的だ。17日に総務省が発表した2016年の1所帯当たりの消費支出は前年比1.8%減で、三年連続の前年割れとなった。個人消費が伸び悩んでいることを示すデータの一つで、個人消費を促したい政財界が考えた策だろう。
 働き方の見直し、多様化という観点から見れば、無いよりマシだが、国内消費への寄与は限定的。女性や家族向けの商品サービス開発が進めば定着するかもしれないが、一時的なイベントで終わらせずに続けたいなら、経済的な余裕もなければならない。賃金が上がらないと、時間があっても消費には回らない。少なくとも早く帰っても賃金が減らないよう、雇用側の協力次第だろう。
 お隣の国の話よりおとなしい話だけどねえ。

                         (仲)

                          戻る

« 少年法適用年齢引き下げ諮問      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 金正男氏殺害の波紋      ~ゆうてもええかな~ »