« 日米韓の向かう先      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 首相施政方針とトランプショック      ~ゆうてもええかな~ »

2017年1月14日 (土)

寒波襲来      ~ゆうてもええかな~

 14日から日本列島に、数年に一度の強い寒気が流れ込み、15日にかけて冬型の気圧配置が強まると予想されている。14日から、日本海側を中心に大雪となっており、太平洋側では名古屋でも積雪を観測した。都心でも雪が舞い、交通など各地に影響が出ている。
 14、15日は大学入試センター試験が行われ、受験生には厳しい環境になった。風邪など引かないよう、体調維持には注意してもらいたい。15日はさらに広範囲での降雪が予想されている。時間の余裕があれば、交通機関の遅れやトラブルがあってもたいていは対処できる。慌てないことだ。
 インフルエンザにかかる患者数が増えていて、これから本格的な流行期に入る。真冬の備えが必要になる時期を迎えた。
 今年の冬は平年並みかやや暖かいと予報されていたように記憶しているが、それでも寒波が来ないわけではないし、まったく想定できないほどの寒波でもなさそうだ。雪の被害に遭われた方にはお気の毒だが、寒波が来なくて雪が降らないのは、水不足とか生活に影響が及ぶこともある。例年通り、寒いときは寒い、雪が降るときは降る、といった季節の循環がある方が良い。
 温暖化の影響とか、いや氷河期に向かっているとか、気候がどう変わっていくのか分からない。当たり前で、人類が気象観測を始めてからたかだか数百年分のデータしかない。気候変動を予知するにはまだまだ研究が必要だろう。
 そういう子とは専門家にお願いするとして、我々は生活の範囲のなかで対応しなければならない。寒波のときは、余裕をもって、暖かく。我が身の安全が第一優先だろう。きっと。

                         (仲)

                          戻る

« 日米韓の向かう先      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 首相施政方針とトランプショック      ~ゆうてもええかな~ »