« 福島原発処理費用試算倍増      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 糸魚川大火に思う      ~ゆうてもええかな~ »

2016年12月17日 (土)

日ロ平和条約目処立たず      ~ゆうてもええかな~

 15、16日の2日間、ロシアのプーチン大統領が訪日、安倍首相との首脳会談に臨んだ。
 平和条約締結のための領土問題解決は進展無く、北方四島元島民の自由往来の条件作りを行うことのみ合意した。北方四島での共同経済活動実施のための法整備を開始するとしたが、日ロの利害は一致しないところがあり、実際に行うまでにはまだ障害が残っている。
 時期的に、アメリカ新大統領にトランプ氏が就任する直前であって、その後のアメリカの対応を見極める必要があるから、プーチン大統領側は従来の立場から日本側に歩み寄る状況にはない。クリミア併合に伴う欧米の経済制裁の足並みが崩れるなら、ロシアは日本に譲歩してまで経済協力を求めなくともよいから、トランプ政権の出方を待って日本との関係を考えればいい。
 日本側は、北方四島返還は最重要課題だが、今回は共同経済協力開始にとどまった。新しい法律の枠組みで行うとしているが、ロシア側はロシアの主権を譲らない。ロシアの法制度での活動は、四島がロシアの領土だと認めることになり、日本側は参加できない。
 日本としては、ロシア経済が落ち込むなか、極東地域の開発、特にエネルギー関係の開発に関与して、石油天然ガスの中東依存から分散させたい。ロシアとは対立ではなく、資金と技術で権益を確保する方向であり、ロシアも経済協力を得たいから、その点は利害が一致するが、アメリカの出方次第では、ロシアの選択肢が増える。
 安倍首相は任期中に領土問題を解決したいところだったが、今回は限りなくゼロ回答に近い。領土問題の見通しは、未だ見通しが立たない。

                         (仲)

                          戻る

« 福島原発処理費用試算倍増      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 糸魚川大火に思う      ~ゆうてもええかな~ »