« 豊洲市場への移転問題      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 政務活動費は監視できるか      ~ゆうてもええかな~ »

2016年9月24日 (土)

点滴中の中毒死      ~ゆうてもええかな~

 20日未明、横浜市の病院で、点滴に異物が混入されて入院患者が死亡した事件について、状況が明らかになって来つつある。
 点滴に混入された異物は、界面活性剤であり、これが男性の体内からも検出され、栄養補給のための点滴の袋に混入させた界面活性剤が体内に入ったことによる中毒死と断定されている。
 唐突に殺人事件が発生した感があるが、実際はどうだったか、調べが進んでいる。直近で亡くなった患者に不審な点がないか。警察に届けが出されていない事件性のある出来事があれば、それとの関連も明らかにする必要がある。
 界面活性剤と報道されているが、どのような物質かは明らかになっていない。界面活性剤をいっても、洗濯や掃除に使う洗剤にはだいたい入っているし、石けんもそうだ。点滴で直接血管に入れて良いものではない。飲み込んでも、病院で診てもらう必要がある。
 医療用に使われる薬剤もなくはないが、この場合は明らかに人為的に点滴に混入させているもので、医療事故の類ではないようだ。未明の急変だから、病院の外部から侵入したか、内部の関係者の犯行か。
 入院施設がある病院だと、入院病棟で点滴を受けている患者がいるのは当たり前だし、診療所でも処置室で点滴を行うのは特別な状況ではない。そこに悪意を持って袋に何らかの異物を入れることがあり得ると気付かされ、心底怖いと思った。カギを掛ける部屋で行う治療ではなく、だから誰もが被害者になり得る。この場合、未然に防ぐ、事件を回避するにはどうすればいいのだろう。
 想像を超える形で他人を害する事例も考えないと、安全ではない。嫌な世の中だな。

                         (仲)

                          戻る

« 豊洲市場への移転問題      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 政務活動費は監視できるか      ~ゆうてもええかな~ »