« 英離脱ショック      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 首都圏渇水      ~ゆうてもええかな~ »

2016年7月 2日 (土)

バングラデシュの人質死傷事件      ~ゆうてもええかな~

 バングラデシュの首都ダッカで現地時間1日午後9時、レストランに武装した男が侵入して、店内の人達を人質にして立てこもった。2日午前7時40分ごろからバングラデシュ軍の治安部隊が突入して銃声や爆発音が周辺に響いた。人質の一部が救出されたが、それ以外の人質の安否確認はまだ終わっていない。軍の報道官によれば、犠牲者は外国人だという。
 過激派組織ISが外国人を含む店内の人を射殺したとの犯行声明が出ているようだが、犯行グループの人数や背景は分かっていない。
 これから明らかになるのだろうが、事件が起こったレストランは、ダッカの比較的治安がいい繁華街で起きている。同じ地区で昨年9月にも同様の事件が起きて、外国人が殺害されている。
 バングラデシュでは、直近の3年間で、過激派組織による殺害事件が20件以上起きているされる。治安当局は先月、過激派取り締まり作戦を行い、多数拘束したものの、今回の事件が発生したことも含め、不安が広がっている。
 中東地域で過激派組織のテロやシリア問題が深刻化しているが、アジア地域でもテロが発生している。報道が確かだとすると、特定の対象を狙ったテロではなく、自組織と相容れない宗教の信者や外国人を無差別に排除する行為のようだ。犠牲となった外国人には、国際的な支援・援助機関の仕事で滞在していた場合があって、今回の事件でも、国際協力機構JICAの事業に参画していた日本企業の1人が負傷、7人の安否が分かっていない。まだ現地の情報が錯綜しているようで、全容が明らかになるのを待ちたい。

                         (仲)

                          戻る

« 英離脱ショック      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 首都圏渇水      ~ゆうてもええかな~ »