« 英EU離脱を問う国民投票の行方      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | バングラデシュの人質死傷事件      ~ゆうてもええかな~ »

2016年6月25日 (土)

英離脱ショック      ~ゆうてもええかな~

 イギリスの国民投票で、EU離脱支持が上回った結果を受けて、24日は全世界的に株価が下落した。パニック的な売り注文が殺到したためであり、比較的安定と言われる金相場が上昇。為替相場ではポンド・ユーロが下げて、円高に流れた。
 週明けの市場がどう動くか分からないが、イギリスでのキャメロン首相辞意表明後の体制が明確でない。実際にEU離脱の手続きに入るまでに時間がかかり、離脱の際の問題、例えばイギリスとEU各国との貿易協定締結など、困難に直面した場合にEU残留派の声が強くなる可能性もある。一方でEU加盟国でのさらなる離脱の動き、さらにイギリス国内での分離独立運動の高まりなど、状況が流動化しているため、市場の混乱がおさまるかどうか不透明になっている。
 日本では参院選がスタートし、争点の一つが経済問題であるわけだが、EU経済がリスクを抱えたことで、世界経済全体に波及している状況が見え、経済の下振れを支える施策が出せるかで、有権者の投票行動が変わるだろう。また、選挙後、夏以降も経済問題が優先課題となるだろう。アベノミクスは、経済成長による税収増が前提にあり、消費税増税を再度延期してもなお企業業績が落ち込めば、安倍政権の支持率低下は必至。安保法制や憲法改正論議を持ち出す土台が崩れる。
 イギリス国民は、EUに残留するメリットより、移民政策など、国家の意志の上位にEUの規定があって縛られることへの反発に対して、若干多くの票を入れた。それはEUそのものの否定を数字で示したわけで、このショックは尾を引く怖れがある。経済情勢は、一気に危うい局面となったといえる。

                         (仲)

                          戻る

« 英EU離脱を問う国民投票の行方      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | バングラデシュの人質死傷事件      ~ゆうてもええかな~ »