« 三菱自動車の燃費不正操作      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 日ロ首脳会談      ~ゆうてもええかな~ »

2016年4月30日 (土)

円高と次の手      ~ゆうてもええかな~

 28日、日銀は金融政策の現状維持を決めた。これを受けて海外市場で円買いが進み、一時1ドル106円台をつけた。2014年以来の高水準で、今年に入ってからの円高傾向が止まらない。
 日銀は金融緩和策として、国債購入拡大、マイナス金利導入などの手を打ったが、今週まででその効果がいったん帳消しになった形だ。国内消費が伸びず、景気を支える輸出関連にとって、円高はダメージでしかない。だからといって、円売りドル買いといった露骨な円安誘導はできない。今回の為替市場の動きが、突発的な要因を含むものではないからだ。
 円高に振れたのは、日銀の次の金融緩和策があると想定して円売りに傾いた市場が、当面現状維持となったことを受けて円の買い戻しに流れたからだ。アベノミクスの成長戦略が想定されたほど進んでいないことも、停滞感を生んでいる。
 ドル安、ドル売りも進行している。昨年まではアメリカ国内の景気が上向いていることで、ドル買いに向いていたのが、今年に入って出てくる指標が思わしくなく、景気が思ったほど上向いていないと市場が受け取り、ドルを売る動きになっている。
 これは市場経済の活動の結果だから、日本が自国の利益のために市場に介入することはできない。熊本地震の対応が最優先だし、5月にはサミットがあり、経済成長での景気対策を打ち出すことを求められていて、日銀の金融緩和策は手詰まり感が漂う。下手に動くと、市場が効果無しと感じて円高を止められなくなる。緩やかなインフレに向かう一手は、政府が打ち出さなければならないだろう。

 
                         (仲)

                          戻る

« 三菱自動車の燃費不正操作      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 日ロ首脳会談      ~ゆうてもええかな~ »