« パナマ文書の影響      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 三菱自動車の燃費不正操作      ~ゆうてもええかな~ »

2016年4月16日 (土)

熊本地震の衝撃      ~ゆうてもええかな~

 14日夜、熊本地方を震源とする最大震度7の地震が発生した。その後も揺れが続いて、16日未明、熊本地方を震源とする最大震度6強の地震が発生し、その後最大震度6弱以上の地震が7回以上続いて、被害が広がっている。
 熊本地震は、断層型地震である。震源の深さが10km程度と浅く、地震の規模は阪神淡路大震災クラスだった。
 14日夜と16日未明の地震の震源は異なる断層だが、熊本地方で交わっていて、一連の関係する地震と判断されている。いったん大規模な揺れを受けて、断続的に震度5から6の地震が続いており、家屋や橋などの建造物や大規模の土砂崩れが多発している。被害の全容が見えていないところに風雨が強まる予報が出ていて、建物の下敷きになっている人達の救出への影響が懸念される。
 今回の地震の衝撃は大きい。48時間以内に震度6弱以上の断層地震が立て続けに起こった。気象庁は14日が前震、16日が本震でそれ以降が余震と発表している。断層型地震で、強い揺れがあったのち、それ以上に強い揺れがある可能性を改めて示している。
 現在も予断を許さない状態で、監視と対応が続く。それと同時に、断層型地震、プレート型地震のハザードマップ、危険予測と地震発生時の対応の見直しをすべきだろう。震度7を記録した地震は、阪神、中越、東日本、熊本と、20年あまりで4回。自治体で考えるレベルではなく、国が指揮を執ってもらいたい。まず熊本の災害救助。復旧、東日本を含む復興。そして、全国の地震被害予測の確認、建造物の耐震補強点検。人でも知恵も物資も金も要ることだけど、他人事ではないのだから。

                         (仲)

                          戻る

« パナマ文書の影響      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 三菱自動車の燃費不正操作      ~ゆうてもええかな~ »