« 民主維新が合流すれば      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 原発運転差し止めの判断      ~ゆうてもええかな~ »

2016年3月 5日 (土)

辺野古移設問題は続く      ~ゆうてもええかな~

 4日、米軍普天間基地を辺野古に移設する問題で、埋め立て工事承認を取り消した沖縄県知事に撤回を求めた代執行訴訟で、国と県との間で和解が成立した。すでに着手されている国の辺野古沿岸の埋め立て工事を中断し、埋め立て工事承認取り消しを巡る国と県が提訴した訴訟を取り下げる。
 これで解決したわけではなく、国は県に埋め立て承認取り消しの是正を指示するなど、訴訟合戦になっていた手続きを一本化する。県は指示を不服として、国地方係争処理委員会へ審査を申し出て、委員会が決定を適法とした場合、あるいは違法と国に勧告しても国が対応しない場合、県は国を相手に訴訟を起こす。この間、国と県は円満解決に向け協議する。ここまでが和解の内容だ。
 政府は辺野古移設の方針は変えず、沖縄県も負担軽減を求めており、対立したままの状態。国は埋め立て工事を中止することで、普天間移設計画に遅れを生じるものの、県との訴訟合戦で膠着状態は基地固定化につながることを怖れ、県と対話する姿勢を示す必要があった。国民に対して、そして不信感をもつアメリカに対して。
 工事中止の状態で、沖縄県議選と参院選に臨む。まだ衆参同日選の可能性が残っていて、安倍政権は自民公明両党で衆参共に3分の2の議席数確保を目指している。憲法改正に向けた手続きならば、安保関連は無縁ではない。沖縄の基地負担軽減と地域振興が先送りになるが、選挙の結果次第で、国と県との協議が進むことも考えられる。普天間返還合意から20年。事態打開の糸口は、まだ見えない。

                          (仲)

                           戻る

« 民主維新が合流すれば      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 原発運転差し止めの判断      ~ゆうてもええかな~ »