« 日銀マイナス金利の効果      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 重力波を観測って      ~ゆうてもええかな~ »

2016年2月 6日 (土)

北朝鮮が打ち上げるもの      ~ゆうてもええかな~

 北朝鮮が人工衛星打ち上げと称して実験の準備を進めている。今月、北朝鮮から黄海に向けて南へ打ち上げ、部品は韓国沖からフィリピン沖まで3箇所に落ちると通告している。他国はこれを長距離弾道ミサイルの発射実験と指摘して糾弾しているが、国連で止めさせようという動きは具体的にはない。それが分かっているから北朝鮮も堂々と通告してきたわけだが。
 1月に核実験を行ったことは事実で、核兵器の次は、核弾頭を乗せて飛ばすミサイルの実験を、となるのだろうが、この一連の動きを見ると、金正恩体制にあって北朝鮮の姿勢が変わっていないように思う。北朝鮮を取り巻く国際社会の力関係も。
 中国は現状を維持したい。北朝鮮、金正恩体制が崩れると、米韓と直に対峙する形になる。逆に北朝鮮が軍事的に優位に立つのも、制御しづらくなるから困る。北朝鮮は現状のまま、中国の言うことを聞く国であって欲しいから、国連の今以上の制裁を望まない。
 アメリカも干渉できない。北朝鮮が弱体化した状況の東アジア、中露を含んだ勢力関係を維持する影響力は無い。韓国も政治経済面で支える力はなく、日本は拉致問題の交渉もできる状態ではない。
 だから韓国もアメリカも、中国と電話会談で動いてもらうよう求めて、中国は従来の立場を繰り返し、その間に北朝鮮は兵器開発を進めて、その技術を売って国を維持する。
 今回の長距離弾道ミサイル実験で、これらの関係がはっきりと浮かび上がる。長続きしないようで、どうにも動かないのが現実だろう。

                        (仲)

                         戻る

« 日銀マイナス金利の効果      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 重力波を観測って      ~ゆうてもええかな~ »