« 原子力、バイオマス      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | スキーバス転落と管理体制      ~ゆうてもええかな~ »

2016年1月 9日 (土)

年初の株安円高原油安      ~ゆうてもええかな~

 年明け、日経平均株価が下がり続けている。為替相場も円高に振れた。
 きっかけは中国が発表した製造業関係の指標が予想より悪かったため、4日の中国株式市場が値下がりしたこと。今月から株価の上下が激しくなった場合の取引停止措置が導入されたが、初日に5%の取引一時停止ラインまで値下がりし、再開後も売り注文が集中して、7%の取引打ち切り幅まで値下がりした。株価が下落したとき、取引停止になる前に売り注文が殺到したことも影響した。7日に再度、取引打ち切りになり、当局はこの取引停止措置の実施を当面見合わせるとした。
 製造業の先行き懸念から、中国経済の減速を懸念して日本、アメリカでも株安になった。原油消費低下を見込んだニューヨーク原油先物取引でも売り注文が出て、先物価格が下がっている。
 人民元への不安から円を買う動きが出て、円高に振れている。これをアベノミクスの限界と報じるところもあるが、他国の影響が大きいだろう、サウジアラビアとイランの対立、シリア情勢からEUの状況まで、不安要素は尽きない。
 日本は参院選、ひょっとすると衆院とのダブル選挙の可能性が出ている。アメリカは大統領選の年。日米共に、経済状況の悪化は政権へのダメージに直結する。
 中国頼みも限界があろうし、製造業が牽引できるかどうか分からない。選挙前のバラマキは一時的で、技術的に、サービス面でもいかに付加価値を加えることができるか、それを継続する技術レベルと体力があるか、といったところが焦点になるのではないか。
 今年が良い年になるよう願いたいものだ。

                          (仲)

                           戻る

« 原子力、バイオマス      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | スキーバス転落と管理体制      ~ゆうてもええかな~ »